関西スーパーマーケット

現在の関西スーパーマーケットは、エイチ・ツー・オーリテイリングの子会社で食品スーパー(SM)事業を統括する関西フードマーケット傘下の3つの事業会社のひとつ(他の2社は、イズミヤ、阪急オアシス)。3社合計の売上規模(2023年3月見通し、売上高3750億円)は、近畿圏内で展開する食品スーパーではトップレベルだ。

現関西スーパーマーケットが運営するSMは、1959年創業の旧関西スーパーマーケットの食品スーパー事業を承継したもの。旧関西スーパーマーケットは、生鮮品の鮮度管理技術、効率的な店舗経営システムの導入など、日本のスーパーマーケットのパイオニアとして、業界をリードしてきた。

現在、顧客、従業員、地域とともに環境への取組みや社会貢献を通じて問題解決を行う「トータルソリューション型SM」の実現をめざすべく取り組みを進めている。22年11月現在、神戸、阪神、大阪市内などを中心に64店舗を展開する。

関西スーパー

代表取締役社長 : 林 克弘

売上高売上高
総利益率
売上高
営業利益率
売上高
販管費率
売上高
経常利益率
売上高
当期純利益率
385,021百万円31.1%2.3%28.7%2.2%1.4%

決算期:2024年3月 / 連結

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態