関西スーパー、10月29日に株主総会、統合会社の社名は関西フードマーケット

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングと関西スーパーマーケットのロゴマーク
 9月30日、 関西スーパーマーケットは臨時株主総会を10月29日に開催すると発表した。写真はエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングと関西スーパーマーケットのロゴマーク。大阪市北区で8月撮影(2021年 時事通信)

 関西スーパーマーケットは9月30日、エイチツーオー(H2O)リテイリング傘下のイズミヤ、阪急オアシスとの経営統合を議案とする臨時株主総会を開くと発表した。関西スーパーの第3位株主であり、同社に買収を提案しているオーケーは統合案に反対しており、議案が承認されるかどうか注目される。

 臨時株主総会で承認されれば、3社は2022年2月1日をめどに株式交換方式により経営統合する。統合によって誕生する新会社の社名は関西フードマーケットとする。新会社はH2Oの連結子会社として、食品スーパー3社を統括する中間持ち株会社的な位置づけとなる。

 現関西スーパーの事業を引き継ぐ新生関西スーパーは、イズミヤ、阪急オアシスとともに、関西フードマーケットの傘下に入る。

 関西フードマーケットの社長には、H2Oの代表取締役副社長でH2O食品グループの社長を兼務する林克弘氏(63歳)が就任する。関西スーパーの福谷耕治社長は関西フードマーケットの取締役と新生関西スーパーの社長を兼務する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media