関西スーパーとイズミヤ、阪急オアシスが経営統合、H2Oの子会社に

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

関西スーパー
関西スーパーマーケットは12月15日、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングの完全子会社であるイズミヤおよび阪急オアシスと株式交換を実施し、経営統合した。

 関西スーパーマーケットは12月15日、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングの完全子会社であるイズミヤおよび阪急オアシスと株式交換を実施し、経営統合した。関西スーパーがイズミヤと阪急オアシスを完全子会社化するとともに、関西スーパーはH2Oの連結子会社となった。

 経営統合にともなって、関西スーパーの社長にはH2Oの代表取締役副社長でH2O食品グループ社長を兼務する林克弘氏(63歳)が就任した。統合前の関西スーパー社長だった福谷耕治氏は取締役執行役員兼食品スーパーカンパニー社長に、イズミヤ社長の梅本友之氏と阪急オアシス社長の永田靖人氏は取締役に就いた。

 現関西スーパーは2022年2月1日付けで食品スーパー事業を分割し、新関西スーパーに引き継いだ上で、商号を「関西フードマーケット」に変更。新関西スーパー、イズミヤ、阪急オアシスの3社を傘下に持つ中間持ち株会社となる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media