イズミヤ

大阪府を中心に食品スーパー(SM)を展開する(22年11月現在、78店舗)イズミヤは1921年の創業(当時はいづみや呉服店)。1968年には日本初のショッピングセンターを開店した。かつては総合スーパーでの出店が主力だったが、2014年6月、エイチ・ツー・オーリテイリングの子会社となり、2020年度からは非食品事業を分離、SM事業に特化し、同じグループ内のSM、阪急オアシスとの機能の一体化を進めてきた。

阪急オアシス、関西スーパーマーケットとともに、2021年12月にエイチ・ツー・オーグループとなった関西フードマーケット傘下のSM事業会社となり、以後は、阪急オアシスとの統合に向けた事業構造改革を進め、本社機能、商品・販促等の本部機能、店舗運営機能の一元化を図ってきた。2023年4月にイズミヤと阪急オアシスの2社は合併、「イズミヤ・阪急オアシス」に商号変更することが決まっている。

イズミヤ(ロゴ)

© 2023 by Diamond Retail Media