「デイリーカナートイズミヤ花園店」開業、総合スーパーを建て替え

2019/11/25 12:50
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

「デイリーカナートイズミヤ花園店」開業、総合スーパーを建て替え
2階にはテナントとして「ダイソー」と「ココカラファイン」が出店する

 エイチ・ツー・オーリテイリング傘下のイズミヤは11月28日、大阪市西成区に「デイリーカナートイズミヤ花園店」を開業する。イズミヤが運営していた総合スーパーを2017年10月に閉鎖、建て替え工事を行い、食品スーパー業態として新たにオープンする。

 立地は地下鉄四つ橋線・花園駅近くで、建物は2階建て。イズミヤの直営売り場面積は1階が1131平方メートル、2階が82平方メートルの計1213平方メートル。2階に46席のイートインコーナーを設ける。初年度の売り上げは13億8000万円を見込む。

 2階にはテナントとして、100円ショップの「ダイソー」(売り場面積547平方メートル)、ドラッグストアの「ココカラファイン」(同515平方メートル)が出店する。

 同店の周囲1キロメートル圏内には約4万1000世帯が居住し、人口密度が高い。単身世帯の比率が74.5%、60〜70歳代の比率が39.2%と高いのが特徴。単身者や高齢者向けにレンジで簡単に調理できる惣菜や、少量規格の商品を豊富に取り揃える。

 ベーカリー売り場では「阪急ベーカリー香房」を導入、本体価格100円均一の商品を中心に焼きたての菓子パン、惣菜パンなどを販売する。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media