GMSからSM企業へと転換したイズミヤの戦略を最新店づくりとともに解説!

取材・文=森本守人(サテライトスコープ)
Pocket

DCS Report大

エイチ・ツー・オー リテイリング(大阪府/荒木直也社長:以下、H2O)傘下のイズミヤ(大阪府/梅本友之社長)は2020年、事業再編により、総合スーパー(GMS)企業から食品スーパー(SM)企業に生まれ変わった。商勢圏とする関西エリアで競争が激化する中、食品を中心とした新たな店づくりを模索し、集客力向上をめざしている。

2020年4月から新体制がスタート

イズミヤ 中内佳宏取締役執行役員
中内佳宏 取締役執行役員

 GMSを主力とする事業展開により、イズミヤは長らく消費者の支持を獲得してきた。だが近年は、衣料品、および住居関連品の低迷、商勢圏の競争激化などの理由から、不振が続いていた。2014年にH2O傘下となって以降は、SMを主力とする新規出店と、既存店の近隣型ショッピングセンター(NSC)への建て替えなどによる事業立て直しに取り組んできたものの、抜本的な打開策を見出せないでいた。

 そうした状況下の20年4月、H2Oが当時掲げていた中期経営計画のもと、踏み切ったのが事業再編である。

 具体的には、イズミヤを食品に特化したSM運営会社、日用品販売会社、商業施設運営会社の3社に分割。このうち、日用品販売については、ドラッグストア(DgS)企業のココカラファイン(神奈川県/塚本厚志社長)とH2Oによる合弁会社、CFIZ(大阪府/中山和亮社長)を設立した。さらに、イズミヤから商業施設運営事業と、衣料品・住居関連品販売事業を継承した新会社、エイチ・ツー・オー商業開発(大阪府/黒松弘育社長)が発足している。

 そしてイズミヤは、SM運営会社として再スタートを切る。以来、3社体制のもと既存店の改装が順次進んでいる。

 イズミヤが事業展開する関西小売マーケットに目を向けてみると、SMだけでなく、近年は食品の扱いを強化するDgSやディスカウントストアなど、異業態が続々と出店を強化中で、競争は激化の一途をたどっている。

 20年9月には、首都圏で急成長中のディスカウントスーパー、ロピア(神奈川県/高木勇輔代表)が関西1号店となる「ロピア寝屋川島忠ホームズ店」(大阪府寝屋川市)をオープン。20年2月時点ですでに関西3店舗体制となっており、「早期に10~20店まで増えるだろう」という観測もある。

 いずれにせよ、イズミヤが主戦場とする関西小売マーケットの競争は、今後いっそう熾烈になっていくのは間違いない。

好立地にあるGMS店舗を大改装

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media