やっぱりスゴイ!新店・所沢有楽町店で垣間見たヤオコーの最新総菜戦略

2020/06/21 07:05
雪元史章(ダイヤモンド・チェーンストア副編集長)

新型コロナウイルスの感染拡大により多くの人々が外出や外食を控えた結果、毎日家で食事をとる「内食回帰」の動きが加速し、スーパー各社は好業績に沸いている。しかし、家で料理する人が増えたことでやや割を食うことになったのが総菜部門だ。生鮮素材を買い求めるお客が増え、スーパーの商品に即食性を求める向きが小さくなったこと、さらにコロナ禍で売上が急減した飲食店がテイクアウトをスタートしたことなども「スーパーの総菜」の立ち位置を微妙にさせた感がある。とはいえ、中食市場は今後も拡大し続けることは確実で、総菜強化はスーパーにとって重要な課題であることに変わりはない。では、“アフターコロナ”の世の中で支持される総菜とはどのようなものなのか。総菜開発において一目置かれる存在として知られ、同業他社の視察も多いヤオコー(埼玉県)の最新総菜戦略から考察していきたい。

小容量パックを「ちょっとがイイネ!」の名称でシリーズ化

 ヤオコーは6月19日、埼玉県所沢市に同市内6店舗目となる「ヤオコー所沢有楽町店」をオープンした。もともと地元醤油メーカーの工場があった土地をヤオコーが貸借して開発した、自社NSC(近隣型ショッピングセンター)の核店舗の位置付けだ。店舗周辺はマンションの開発が進むエリアで、30~40代のヤングファミリー層が多く、ヤオコーも彼らをメーンターゲットに据える。

 店舗面積は約1800㎡。取り扱い商品数は全体で約1万2900アイテムで、このうち総菜部門では約300SKUを展開する。平台ごとに「魚総菜」「肉総菜」「エスニック」「デザート」「寿司」といったように明確なテーマ性を持たせている。買物しやすく、かつ商品を選ぶ楽しさが感じられる印象だ。

ヤオコー総菜
小容量パックを「ちょっとがイイネ」の名称でシリーズ化した

 部門全体でとくにこだわっているのが量目だ。単身世帯のほか、「少しずついろんなメニューを楽しみたい」というニーズに応え小容量パックが充実。「ちょっとがイイネ!」と銘打ちシリーズ化しており、売場の各所で展開している。取材時は中華総菜売場で同シリーズをコーナー展開しており、「お試し海老チリソース」「オイスター香る!ニラ玉炒め」「お肉柔らか国産豚レバニラ」(各149円)などを展開していた。

1 2 3 4

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media