新旗艦店のヤオコー和光丸山台店オープン 「おやつ」を強化した周到なねらいは?

2021/10/25 05:55
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者:若狭 靖代(ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)は10月14日、埼玉県和光市に「ヤオコー和光丸山台店(以下、和光丸山台店)」をオープンした。同社が管理・運営する商業施設「the market place」の7施設目となる「the marketplace 和光」内への出店。若年単身世帯とファミリー世帯の多い地域で、ヤングファミリー層に特化した旗艦店モデルの構築をめざす。

ヤングファミリーを取り込む施策とは

 和光丸山台店は、東武東上線、東京メトロ有楽町線・副都心線「和光市駅」から徒歩約12分、マンションや学校などが立ち並ぶ住宅地に新しくオープンした。売場面積は約2728㎡で、生鮮1330SKU、デリカ420SKUなど計15800SKUを扱う。施設全体の敷地面積は約9931㎡で、クリーニング店、無印良品、美容室、歯科などが11月中旬以降にかけて順次オープンする予定だ。

 周辺は20~40歳代をボリュームゾーンとした単身・ファミリー世帯が多く、この層をターゲットとし20年11月に大改装を行った「ヤオコー 所沢北原店(以下、所沢北原店)」(埼玉県所沢市)をより深化させた店づくりを行っている。

 重点的に取り組むのは、「素材の強化」「ヤングファミリー対応」「価格コンシャス対応」の3点で、うち「ヤングファミリー対応」では冷凍食品の強化とおやつの品揃え強化を打ち出している。冷凍食品売場はヤオコー最大級の売場面積を確保し、お菓子売場は4レーンに渡って展開。所沢北原店でも行った、日配のスイーツ、青果のカットフルーツ、デリカのスイーツなどを一カ所に集め、おやつ・スイーツ売場として展開する取り組みも引き続き実施している。ここでは、和光丸山台店が注力する「おやつ」の品揃え強化について詳しく見ていきたい。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media