イオン東北、水素燃料電池車で移動販売 トヨタが開発

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

イオン東北が導入する移動販売用水素燃料電池車のイメージ
移動販売用燃料電池車のイメージ

 イオン東北は6月10日、福島県の双葉町と浪江町で燃料電池車(FCV)を使った移動販売を始める。移動販売用のFCVはトヨタ自動車が開発した。

 両社と双葉町、浪江町の4者は5月31日、FCVを活用した移動販売事業に関する基本協定を締結した。2019年7月にオープンした「イオン浪江店」を拠点として、FCVによる移動販売を行う。

 東京電力福島第一原発事故に伴う帰還困難区域に整備されている特定復興再生拠点区域(復興拠点)のうち、双葉町は年内に、浪江町は2023年春に避難指示が解除される予定。イオン東北では、イオン浪江店の営業と移動販売事業を通じて買物に困難を感じている町民を支援すると共に、これから帰還する町民が安心して暮らせる地域社会の実現を目指す。

 浪江町には、再生可能エネルギーを使って水素を製造する実証施設「福島水素エネルギー研究フィールド」が立地しており、FCVの燃料となる水素を調達できる。FCVは電気自動車(EV)の一種で、走行により二酸化炭素を排出しない。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media