年間売上1兆円めざす「トップバリュ」 Z世代向け商品が好調、次なる戦略的商品とは

松岡 瑛理
Pocket

イオン(千葉県/吉田昭夫社長)グループのイオントップバリュ(千葉県/土谷美津子社長)は今秋、プライベートブランド(PB)である「トップバリュ」について、約2500品目の商品リニューアルを実施するとともに、新時代をになうMZ世代の獲得をねらう、戦略的な新商品を発表した。

イオントップバリュ代表取締役社長の土谷美津子氏
イオン執行役副社長商品担当兼イオントップバリュ代表取締役社長の土谷美津子氏

カオマンガイ、ルーロー飯……
世界の屋台メシを自宅で気軽に

イオントップバリュは、8月31日に開いた新商品の説明会で、「お客さまのくらしに寄り添い続ける」という新たなブランドビジョンのもと、プライベートブランド「トップバリュ」の商品リニューアルと、新商品の開発に取り組む方針を明らかにした。商品リニューアルについては、約2500品目を対象に行う。これは、生鮮、総菜、酒類を除く食品・日用品アイテムの約半数に当たる。

リニューアル、新商品開発に当たって力を入れるのが、1980年代半ばから90年代初頭に生まれた「ミレニアル世代」や、90年代後半から2010年の間に生まれた「Z世代(ジェネレーションZ)」の2つの世代を合わせた「MZ世代」をターゲットとしたブランディングだ。
このうちZ世代は生まれた時からスマートフォンがある「デジタルネイティブ」世代で、SNS上での影響力が強く、新たな時代の食文化をになう中核的な存在としてとらえている。

「Caféごはん」シリーズ
学業や仕事で忙しい若年世代に向けて開発した「Caféごはん」シリーズ

MZ世代を対象として、今秋から新たに発売を始める商品の一つが「トップバリュ おうちで楽しむCaféごはん」シリーズだ。パウチを電子レンジで温めてご飯にかけるだけで、世界の「屋台ごはん」の人気メニューが味わえるというコンセプト。9月6日から「イオン」「イオンスタイル」など全国2000店舗で販売する。
メニューの中心となるのが、アジア各国の料理だ。タイからは「カオマンガイ」(税抜348円、100g)、「マッサマンカレー」(同398円、130g)、「グリーンカレー」(同348円、100g)の3種類を揃えた。

「カオマンガイ」には国産鶏肉むね肉を使い、コリアンダーパウダーやレモングラスのハーブで風味を出した。「マッサマンカレー」はタイで製造したココナッツミルクやドライスパイスを、「グリーンカレー」にはレモングラス、ガランガル、こぶみかんの葉など、タイのドライスパイスを加えて、本場の味を再現している。付け合わせとして、タイ産のうるち米(長粒種)を国内工場で加工した「ジャスミンライス」(同198円)もあわせてラインアップした。
台湾の「ルーロー飯」(同398円、130g)は厚切りにした豚バラ肉を甘辛いソースで炒めたもので、隠し味にハチミツを加えた。ねぎや温玉などのトッピングなど、独自のアレンジを加えても美味しく食べられる。

このほか、「四川風麻婆豆腐」(同298円、140g)、「ユッケジャン」(同398円、200g)、「鶏飯」(同348円、200g)、「ぼっかけ」(同398円、140g)、「ビーフストロガノフ」(同398円、180g)、「チリコンカン」(税抜298円、130g)など、全11種類を展開する。外食よりも手頃な価格帯が魅力だ。今までは先に価格を設定し、それに合わせて素材を決めていくやり方が主だったが、今回のシリーズでは品質を優先し、価格を後から決めるスタイルを取ったという。

1 2

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態