ついにベールを脱いだイオン×オカドの配送センターの中身 物流インフラの”巨大化”は吉と出るか?

2020/08/27 05:57
雪元史章(ダイヤモンド・チェーンストア副編集長)

コロナ禍で需要が急伸しているネットスーパー。膨張するニーズに対応すべく、英オカド(Ocado)と組んだイオン(千葉県)が、最先端の配送センターを2023年に稼働させることを発表した。同社はここを拠点に「次世代ネットスーパー」を展開したい考えだ。ただ、オカド流の物流インフラについては、巨額な投資規模と稼働までに要する時間の長さなどがやり玉にあがり、議論も呼んでいる。

ついにベールを脱いだ「イオン×オカド」の最先端物流センターの中身

イオンのネットスーパー専用配送センターで使われる、英オカドグループの技術を活用したロボット
イオンはオカドの技術を全面導入した最先端の配送センターを2023年に本格稼働させる

 イオンは8月19日、千葉県千葉市にネットスーパー専用の配送センターを設置することを明らかにした。2023年の本格稼働を予定している。

 同社は昨年11月に、英ネットスーパー企業のオカド(Ocado)と提携。同社傘下のオカド・ソリューションズ(Ocado Solutions)と独占パートナーシップ契約を結び、オカドが持つネットスーパーの最新技術「オカド・スマート・プラットフォーム(OSP)」の供与を受け、2023年に最新設備を導入した配送センターを設置するという内容だった。そこを拠点に「次世代ネットスーパー」をスタートさせ、30年までにネットスーパー売上高6000億円を達成するという大きな目標も盛り込んだ。

 今回発表した千葉の配送センターが、上記の「最新設備を導入した物流拠点」にあたる。一般に「カスタマー・フルフィルメント・センター(CFC)」と呼ばれるもので、建築面積は2万7500㎡におよぶ巨大物流拠点である。

 CFC内では生鮮や日用品など約5万品目の在庫を保管・処理する能力を持ち、最新のAIやロボティクスの技術を活用しながら24時間稼働。ロボットは50点の商品を約6分でピッキングから配送準備まで完了させられるという。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media