コンビニ大手3社、燃料電池トラックでの配送実験を開始

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

セブン-イレブンの水素水ステーションと燃料電池小型トラック
セブン-イレブンは水素ステーションを併設した栃木県の配送センターで、トヨタと日野が共同開発した新型の燃料電池小型トラックを導入した

 セブン-イレブン・ジャパンとファミリーマート、ローソンの3社は、トヨタ自動車と日野自動車が開発した燃料電池(FC)小型トラックを使った配送の実証実験を始めた。

 コンビニエンスストア大手3社とトヨタ、日野は2020年12月、FC小型トラックの本格導入を視野に、実証実験を行うことで合意していた。

ローソンでは東京都大田区にある低温配送センターでFC小型トラック1台を導入。7月30日から都内の約20店舗への弁当やおにぎりの配送にFC小型トラックを使用し、走行実証を行っている。

 セブン-イレブンは19年4月からトヨタが開発したFC小型トラックの走行実証を行ってきたが、今回はFC車両の燃料となる水素を充填する「水素ステーション」を併設した栃木県の配送センターで新型のFC小型トラックを導入。8月11日から走行実証を始めた。

 また、ファミリーマートでは愛知県岡崎市にある「ファミリーマート岡崎定温センター」を起点とした1日3便の店舗配送で、FC小型トラック1台を導入する。走行実証の開始は10月以降となる予定だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media