「#ワークマン女子」初の路面店を6月17日開業、作業服特化の新業態も出店予定

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

#ワークマン女子初の路面店「#ワークマン女子南柏店」の外観
路面店1号店の「#ワークマン女子南柏店」の外観。直営で運営し、フランチャイズ展開に向けた標準化を進める

 ワークマンは6月17日、「#ワークマン女子」の路面店1号店を千葉県流山市で開業する。2020年10月の初出店以来、これまで商業施設内に5店舗の「#ワークマン女子」を出店してきたが、今後10年で400店舗の出店目標に向け、路面店での出店を増やしていく。

 路面店1号店の「南柏店」は、ワークマンの直営。フランチャイズ展開に向けて、店づくりや店内作業の標準化に取り組む。売り場構成は女性向け商品が4割、雨具やアウトドア上着など男女兼用が2割、男性向けが4割となる。

 9月に路面店2号店として開業予定の「盛岡南店」(盛岡市)からは、フランチャイズ加盟の募集を行う。路面店は10店舗の出店にめどが立っており、このうち2店舗ではすでに加盟店オーナーが決まる見込み。

 ワークマンは、もともと作業服専門店だったが、近年はアウトドア衣料などのプライベートブランド商品を拡大しているため、一般客が急増。作業服を求める客(作業客)が来店しても駐車場に車を止められないことがあるという。このため、「#ワークマン女子」の出店を増やし、「ワークマン」「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」に来店する一般客を分散させる狙いがある。

 また、同社は作業客に特化した新業態として「WORKMAN Pro(ワークマンプロ)」の出店を始める。1号店は東京都板橋区で12月にオープンする予定だ。

※6/7 16:00修正 1号店は前橋市としていましたが、正しくは東京都板橋区のため。

 

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media