「#ワークマン女子」旗艦店が東京・銀座にオープン、4月28日

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

「#ワークマン女子」の商品イメージ
都心商業ビルに出店して認知度向上を図った上で、将来的には単独路面店の出店を増やす計画だ

 ワークマンは4月28日、「#ワークマン女子」の旗艦店を東京・銀座にオープンする。J.フロントリテイリングなどが運営する大型商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」の斜め前にある「銀座イグジットメルサ」の5階に出店する。

 面積は91.9坪(約303㎡)。シャツやパンツ、ジャケットなどのカジュアル衣料のほか、レディーススーツ(上下セット4800円)、耐水圧と透湿度を高めたレディースレインスーツ(同4900円)、テントやタープなどのキャンプ用品も販売する。

 #ワークマン女子は2020年10月から出店を開始、現在は11店舗を展開している。3月中にさらに1店舗を出店、2023年3月期は銀座イグジットメルサ店を含めて15店舗の出店がほぼ決まっている。

 #ワークマン女子と「WORKMAN Plus」の女性売場は絶好調で、22年3月期は女性専用製品の供給が追いつかないほどだ。23年3月期は品揃えと生産量を拡大し、女性専用製品の売上高は前期比160%増の140億円を目指す。

 #ワークマン女子の女性専用製品の売上構成比は35%で、残りはユニセックス製品と男性専用製品となっている。

 #ワークマン女子については、アイテムの拡充と生産体制を整備すると同時に都心商業ビルに20店舗を出店して認知度向上を図った上で、毎年30〜40店舗のペースで単独路面店を出店していく計画だ。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media