クスリのアオキHD、全店を生鮮導入の「フード&ドラッグ」に変える戦略とは

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

フード&ドラッグメインイメージ

300坪タイプをフード&ドラッグに全転換

 中期経営計画「Vision2026」では、①フード&ドラッグへの転換、②調剤併設率70%、③ドミナント化への移行の3つの重点施策を掲げている。

 まずフード&ドラッグへの転換については、これまで出店してきた300坪型と450坪型の中間にあたる400坪型の展開を進めている。300坪では競合との同質化競争に巻き込まれ、450坪は多店舗展開が難しいためで、他社と差別化できる新たな標準フォーマットに位置づけている。生鮮(青果・精肉)を導入し、調剤薬局も併設するというのが基本的な構成で、「タイパ(タイムパフォーマンス)」「ワンストップ性」に対するニーズが高まるなか、そうした需要を大きく取り込めるフォーマットだ。

 中計2年目に入り、400坪型の売場づくりや商品政策(MD)を300坪型の店舗に波及させるという取り組みも進めている。(22年度)上期までにすでに226店舗で改装を行い、下期にも約30店舗の改装を予定している。具体的には

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態