企業再建の極意#1 初年度から売上アップをめざす再建計画が愚かな理由

河合 拓
Pocket

再建のための3つのステップ

 私は、拙著『ブランドで競争する技術』で、企業再建の手法を詳しく書き綴ったが、それが「コラム」として書かれてあったこと、そして、当時はまだ、アパレル産業の苦境が具現化しておらず、企業再建に対するニーズも危機感も少なかったことから、あまりそれがハイライトされたことはなかった。

 このコラムで、私は、一枚目、二枚目、三枚目という表現をつかって、企業再建を進めてゆく上で必要な3つのステップを表記した。特にアパレル企業の再建は、この順序で進めてゆく必要があり、それぞれの内容もさることながら、その順番も重要であることから、「紙めくり」に例えてこのように呼ぶことにした。なぜなら、ほとんどの企業が、私がこれから解説する「三枚目」を最初に行い、これを再建計画と呼んでいるからだ。また、投資検討しているPEファンド(非公開企業に対して投資を行うファンド)のリスクマネーも、この事業計画の蓋然性がよく理解しきれないため、投資をしてから「こんなはずではなかった」ということになってしまいがちだ。

 加えていうなら、過去、業績がよかったため「放置プレイ」していた事業が、久々に事業内容を精査してみたら大変なことになっていたということもあった。今後、アパレルとリテーラーの再建は加速度的に増えてくるだろう。読者の中には、再建の当事者、あるいは、この状況をレバレッジする金融機関にお勤めの方もいらっしゃると思う。私と一緒に、日本のこの大事な産業を守り、正しい手法で再建・再生を行ってもらいたいと心から願う次第である。

一枚目 余剰な商品、業務、店舗を切り離し、損益分岐点を下げる

 さて、企業再建の手順を分かりやすく説明するため、毎月生活費が困窮したケースに見立てて検討してみよう。例えば、毎月の手取りの給与が40万円だったとし、支出が45万円、つまり、毎月5万円の赤字だったとする。そのときあなたは、

1.給与を上げるための活動、例えば、転職活動や昇進のための活動を行う
2.まずは、生活費を切り詰め、月々の支出を40万円以下に抑える

のいずれを選択するだろうか。大多数の方は2だと思う。理由は、2の方が確実だからだ。いや、「不確実性が少ない」から、と言い換えた方が良いかもしれない。

 生活を立て直すためには、まず、毎月の支出を見直し、例えば、外食回数を控える、携帯電話を格安に変更する、余計なサブスクリプションを解約するなど、可能な限りもらえる給与の範囲内で生活できるようにするはずだ。

 1の「給与を上げる」については、転職や昇進は成功すれば支出を超え、給与が一気に上がることもあるかもしれないが、やはり「確実性」という意味では「すべきことの順番」として、支出削減の次にくるはずだ。

 しかし、企業再建の世界では、赤字に陥った企業の翌期の戦略と称するものを見ると、ほとんどが、「来期は、こうしたブランドを立ち上げ、黒字化を目指す」という計画が多い。これはアップサイド(コストでなく売上側をこう呼ぶ) に期待し、「転職や昇進で赤字生活から脱却する」という具合に聞こえてしまう。

 加えていうなら、大規模な店舗撤退、早期退職制度の導入なども、「その程度」が問題である。生活費のケースになぞらえていうなら、5万円の赤字幅に対し、3万円程度しか支出削減をしていない、あるいは、来年、子供の受験があるのに、そのための貯蓄ができる程度の貯金もしていないなどだ。多くのケースにおいて、ボーナスが期待できない今、月々のキャッシュフローをプラスにし、将来必要となる支出に備える必要があるだろう。

 経営目線のスピードや期間、あるいは、その企業が持っているキャッシュフローから再建にかかる期間を設定すれば、アパレル企業であれば「3年」を再建計画の仕上がり期間とするのが妥当だと思う。アパレルビジネスというのは、半年先のことを「今やっている」こと、また、改革が組織のオペレーションに馴染むまでに、さらに半年かかることを考えれば、「3カ年計画」というのが、一枚目から三枚目までの仕上がり期間として妥当だからだ。

 次回、「一枚目」の具体的な実務に入ることとする。

 

早くも重版決定!河合拓氏の新刊
「生き残るアパレル 死ぬアパレル」7/9発売!

アパレル、小売、企業再建に携わる人の新しい教科書!購入は下記リンクから。

 

プロフィール

河合 拓(事業再生コンサルタント/ターンアラウンドマネージャー)

河合拓氏_プロフィールブランド再生、マーケティング戦略など実績多数。国内外のプライベートエクイティファンドに対しての投資アドバイザリ業務、事業評価(ビジネスデューディリジェンス)、事業提携交渉支援、M&A戦略、製品市場戦略など経験豊富。百貨店向けプライベートブランド開発では同社のPBを最高益につなげ、大手レストランチェーン、GMS再生などの実績も多数。東証一部上場企業の社外取締役(~2016年5月まで)

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media