総菜進化にも影響!トライアルが高級旅館や料亭を運営するねらいとは

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

“こだわり”を体感してもらう拠点に

 トライアルがこれら旅館事業に乗り出したのは、11年、九重町で同社の研修施設のために購入した土地の制約上、旅館の運営も求められたことに端を発する。

 いわば、当初はやむを得ないかたちで始まった新規事業だったが、「旅館で出す食事のおいしさを追求するなかで、そこで得たノウハウをトライアルの総菜開発に生かそうというねらいが生まれた」(前出の佐藤氏)という経緯がある。

neri resort業務執行役員の佐藤勇太氏
neri resort業務執行役員の佐藤勇太氏

 実際、明治屋が監修する食事については、トライアルの店舗でも販売している素材を一部で使うなど、売場とリンクした取り組みも行っている。また、明治屋に所属する経験豊富なプロの料理人が監修した総菜を展開しているのは、総菜戦略の記事でも触れたとおりだ。

 「実際に来ていただき、食をはじめとするわれわれの“こだわり”を体感してもらうことで、トライアルに対する印象をよりよいものに変えていただければ」と佐藤氏は言う。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media