車や徒歩じゃない?京都・嵐山の飲食店、来店手段はまさかの!でも100年続く人気の理由とは

2022/11/16 05:35
サテライトスコープ:森本守人
Pocket

嵐山といえば、京都を代表する観光名所のひとつである。古くは平安時代、貴族が大堰川に舟を浮かべて詩歌管弦に興じた。現代も秋は紅葉、春は桜が美しいが、季節に関係なく、常に多くの人で賑わっている。今回、私はそんな嵐山へとやってきた。目的は、とある飲食店に行くためだ。

京都を代表する観光地、嵐山にある飲食店に向かう

すぐに入れないのがもどかしい

 降り立ったのは、京福電気鉄道嵐山本線、通称、嵐電(らんでん)の「嵐山」駅。早速、渡月橋方面に向かって歩き出すと、祝日だったため土産物店が並ぶメーンストリートは人、人、人。日本人だけでなく、外国人観光客も目立つ。

降り立ったのは、京福電気鉄道嵐山本線、通称、嵐電の「嵐山」駅
祝日だったため土産物店が並ぶメーンストリートは多くの人出で賑わっていた

 渡月橋に着いても渡らず、手前を右折、川の北岸を西へと進む。高級料亭や旅館、カフェなどが立ち並ぶエリアを通り過ぎると徐々に空いてくる。しばらく川縁の石畳を歩くうち、お目当ての場所に到着した。渡月橋からの距離は約400m。

渡月橋は渡らず、川の北側を西へと進む

 もう飲食店が見えている。

 だけど、すぐに入れないのがもどかしい。というのは“ある手段”を使って店に近づく必要があるのだ。つまり店は川を挟んだ対岸で営業している。

向こう岸に見える大正8年(1919年)創業の老舗、琴ヶ瀬茶屋


 川岸には看板が立っている。「向岸の茶店にお越しのお客様はこの黄色のボートをご利用ください」(原文ママ)との手書き文字。店に行くには、何と!手漕ぎボートで川を渡らなければならないのである。

手書きの立て看板には「向岸の茶店にお越しのお客様はこの黄色のボートをご利用ください」とある
川に浮かぶ黄色いボート。これに乗って店へと向かう

 視線を落とすと、ゆらりゆらりと揺れながら川に浮かぶ黄色いボートが見える。

 私は、店の関係者だという年配の男性に促されボートに乗った。この方、お客が川を渡るのに使用したボートを、こちらの岸に戻すのが仕事だという。私が「ボートに乗るのは久しぶりなもので」と告げると、何と一緒に乗ってくれるという。ラッキーである。

必死にオールを漕ぐ筆者。「ボートに乗るのは久しぶり」と言うと、店の関係者の男性が同乗してくれた

 オールを手に、向う岸をめざした。最初、ぜんぜん捗らなかったが、おじさんの丁寧な指導により、すぐうまく漕げるようになった。

 途中、ボートを操る自分の勇姿をスマホで自撮りしようと計画していたが、その精神的余裕はまったくなし。数分で着岸。ようやく食事ができるぞ。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media