カスミがリアルタイム在庫連携で行う革新的なネットスーパー、LFSとは?

Pocket

勝つDX

コロナ禍を契機に、食品スーパー(SM)が展開するネットスーパーは一気にユーザーを拡大した。感染拡大が一服してからもニーズは根強く、SM各社はネットスーパー強化の構えをとっている。そうした状況下、デジタル活用が浸透したことにより、これまでにない新たな仕組みによるネットスーパーも登場している。茨城県を地盤とするカスミ(山本慎一郎社長)が展開する「ローカル・フルフィルメント・ストア」とはいったいどのようなものなのか。

バーチャルストア上に複数店舗の在庫を表示

 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(東京都/藤田元宏社長:以下、U.S.M.H)の事業会社であるカスミは、グループのネットスーパーの仕組み「Online Delivery ignica(オンラインデリバリーイグニカ:以下、OnlineDelivery)」を発展的に応用した「ローカル・フルフィルメント・ストア(以下、LFS)」を展開する。22年3月に茨城県の水戸エリアでLFSを実験導入した後、同年5月につくばエリアに本格導入。その後、守谷エリアにもLFSを拡大している。

 LFSとは、エリア内の複数店舗の品揃えを統合したバーチャルストアを開設し、配送ネットワークを共有する独自のフルフィルメント機能のことを指す。LFSの注文から配送までの流れは以下の通りだ。

 カスミでは複数のストアフォーマットを展開しているが、LFSの「Online Delivery」では、1つのエリア内で営業する複数店舗の在庫を統合管理し、1つのバーチャルストアの取扱商品として登録する。注文を受けると、該当商品の在庫を持つ店舗に注文が自動的に割り当てられ、その売上も各店舗に振り分けられる。店頭在庫とリアルタイム連携しているので、欠品していない店舗が自動的に選択される。そのため、欠品が大幅に抑えられる仕組みとなっている。

U.S.M.Hが展開するネットスーパーサービスの「Online Delivery」
U.S.M.Hが展開するネットスーパーサービスの「Online Delivery」。注文を受けてから店頭から商品をピッキングして配送する店舗出荷型のモデルをとっている

 それぞれの店舗でピッキングされた商品は1日2便のLFS専用の店舗間配送便で配送拠点に指定された「母店」に集められ、顧客ごとにパッキングされて配達される。同時に、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

記事執筆者

ダイヤモンド・チェーンストア編集部 / 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア

ダイヤモンド・チェーンストア編集部は、業界をリードする提案型編集方針を掲げ、小売業の未来を読者と共に創造します。私たちは単なるニュース伝達に留まらず、革新的なビジネスモデルやトレンドを積極的に取り上げ、業界全体に先駆けて解説することを使命としています。毎号、経営のトップランナーへの深掘りインタビューを通じて、その思考や戦略を読者に紹介します。新しくオープンする店舗やリニューアルされた店舗の最新情報を、速報性と詳細な分析で提供し、読者が他では得られない洞察を手に入れられるよう努めています。私たちの鋭い市場分析と、現場の細部にわたる観察を通じて、注目すべき店舗運営の秘訣を明らかにします。

ダイヤモンド・チェーンストア編集部紹介サイトへ

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態