ブランデMDを積極注入した「フードスクエアカスミ友部旭町店」開店! 総菜の新商品をレポート

中原 海渡 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

カスミ(茨城県/山本慎一郎社長)は217日、茨城県笠間市旭町に「フードスクエアカスミ友部旭町店」(以下、友部旭町店)をオープンした。フードスクエア業態でありながら新業態「BLΛNDE(ブランデ)」の商品政策(MD)を取り入れた店舗としては、友部旭町店は「フードスクエアカスミ東海中央店」(茨城県那珂郡)に次いで2店舗目となる。友部旭町店の売場づくりや総菜の新商品などをレポートしていこう。
※本文中の価格はすべて税込価格

鶏肉を使った総菜の新商品で健康訴求!

フードスクエアカスミ友部旭町店
フードスクエアカスミ友部旭町店

 友部旭町店が入る商業施設「ピアシティ友部旭町」は、JR常磐線「友部」駅から車で約10分の場所にある。売場面積1864㎡の友部旭町店はピアシティ友部旭町の核店舗として出店し、同店以外にはドラッグストアの「ツルハドラッグ」、100円ショップの「ダイソー」、飲食店の「かつや」「ピザハット」などが出店予定だ。

 同店が主要商圏とする半径3km圏内には、11169世帯が居住する。近隣の競合としては約100mの場所に「スーパーセンタートライアル笠間店」があるほか、南側約1.5kmに「ヨークベニマル笠間住吉店(仮称)」が今春オープン予定だ。

 カスミの広報担当は「友部旭町店は、生鮮の寿司コーナーにとくに力を入れた」と話す。鮮魚売場内の寿司コーナーでは「にぎり寿司(華)」(646円)や「旬彩握り寿司巻物入」(1059円)などをラインナップしており、ネタはすべて店内の調理場でさばいたものを使用しているという。

鮮魚コーナーの店内調理場
鮮魚売場内の店内調理場
鮮度にこだわった寿司商品
鮮度にこだわった寿司商品

 総菜売場では、新商品の「11品目野菜のお手軽ランチ(トマトチキン)」(429円)を販売する。野菜の黒酢和えや六穀入りのごはんなどを盛り合わせた同商品は総カロリーを500kcal以下に抑えているのが特徴だ。

「11品目野菜のお手軽ランチ(トマトチキン)」(429円)
「11品目野菜のお手軽ランチ(トマトチキン)」(429円)

 ほかにも「10種のスパイス香るタンドリーチキン」(429円)や「つくば鶏使用の蓮根はさみ焼き」(429円)など鶏肉を使用した総菜を新商品として投入していた。

「10種のスパイス香るタンドリーチキン」(429円)
「10種のスパイス香るタンドリーチキン」(429円)
「つくば鶏使用の蓮根はさみ焼き」(429円)
「つくば鶏使用の蓮根はさみ焼き」(429円)

 スイーツコーナ―でも新商品が見られ、「ティラミス」や「パルフェ」、「杏仁豆腐」のほか、台湾で親しまれている豆乳由来のゼリー状スイーツ「豆花(ドウホワー)」(各321円)を販売する。

スイーツの新商品
スイーツの新商品

1 2

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態