カスミ新業態「BLANDE」2号店 研究学園店を徹底レポート! 「食の専門性」深掘りした売場の全貌とは

湯浅 大輝 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(東京都/藤田元宏社長)傘下のカスミ(茨城県/山本慎一郎社長)は2月17日、新業態の「BLANDE(ブランデ)」2号店である、「BLANDE研究学園店」を茨城県つくば市内にオープンした。「食と健康美」をテーマにドラッグストアのウエルシア薬局(東京都/松本忠久社長)の売場を併設した1号店とは異なり、「食の専門性の深掘り」コンセプトとした売場づくりを志向している。※文中の商品はすべて税抜

「ここにしかない商品」と滞在型の店づくりで買い上げ点数アップめざす

BLANDE研究学園店は、つくばエクスプレス「研究学園」駅から車で約5分、直接距離で約1.4kmの場所にある。店舗から半径2kmの商圏内には約200のショップが集まる、北関東最大級のショッピングセンター(SC)「イーアスつくば」や、高い集客力を誇る「コストコホールセール つくば倉庫店」等がある。同圏内には、8276世帯/2469人が居住、戸建てが中心で比較的所得の高い3040代のファミリー層が多い。

BLANDE研究学園店
2月17日にオープンした、BLANDE研究学園店

カスミは、つくば市内に旗艦フォーマット「フードスクエア」を含め計17店舗を出店している。研究学園店から半径1.5km圏内に限っても「フードスクエアつくばスタイル店」や「フードスクエア学園の森店」があるほか、128日にはBLANDE業態の1号店「BLANDEつくば並木店」をオープンするなど、ドミナントエリアでの出店を拡大している。

カスミの山本慎一郎社長は、BLANDE研究学園店の位置づけを「つくば市内の既存店にはない、食に特化した、お客さまにゆっくりとお買い物をしてもらう店」だと説明する。2階建て(1階が売場、2階はラウンジとクッキングスタジオ)のBLANDE研究学園店の売場面積は1997㎡で、取り扱いSKU1452SKU。このうち、BLANDE出店を機にローンチしたオリジナルブランドの「MiiL Kasumi(ミールカスミ)」は1375SKUに上る。さらに、ナショナルブランド(NB)商品についても「イズミ うずらの卵のピクルス(798)」など、既存店では販売されていないメーカーの商品も豊富に販売する。

お客の滞在時間を伸ばすため、イートインスペースを広く確保したのもBLANDE研究学園店の特徴だ。2階の、会員制プログラム「BLANDE Prime(ブランデ・プライム)」のゴールド会員(年会費5000円)だけが利用できるソファや高級感のある椅子が設置されるラウンジをはじめ、カフェとしてもダイニングとしても使える「Café&Dine」等、合計4つのイートインスペースがある。

BLANDE研究学園店2階のラウンジ
「BLANDE Prime」のゴールド会員だけが利用できる2階のラウンジ

BLANDE研究学園店のねらいはドミナントエリアでの差別化にあり、「ここにしかない商品」を訴求し、広々としたスペースを用意することで、お客の滞在時間を伸ばし、一人当たりの買い上げ点数を増やすことにあると言える。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media