カスミ新業態「BLANDE」2号店 研究学園店を徹底レポート!

湯浅 大輝 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

大容量ティラミスなど、「家族で楽しめる」商品訴求 

前述のとおり、BLANDE研究学園店の顧客層は30~40代のファミリー層が多く、つくば並木店に比べて年齢層が比較的若いという特徴がある。そこで、彼らに向けた商品提案にも力を入れている。たとえば、大容量の「MiiL ティラミス(798円)」や高級アイスクリームの「朝日 モエツカ ワイルドベリーアイス(980円)」等、 子どもと一緒に楽しめる商品を充実させている。

BLAND研究学園店の商品
大容量の「MiiL ティラミス(798円)」

BLANDE研究学園店の年商目標は20億円(つくば並木店は16億円)。並木店と比べると、生鮮部門と総菜部門の売上構成比が高いため、そのぶんを積み増した。また、「生鮮・総菜の売上が6割(通常5割)」を象徴するよう、並木店ではアウトパックの総菜よりも店内で手をかけて調理したものの方が、売上が伸びているという。「鉄板ナポリタン(498円)」や「きのこクリームオムライス(498円)」等の「BLANDEでしか販売されていない総菜を目的に来店されるお客様が多い(塚田氏)」のがその理由だ。研究学園店でも店内調理の総菜を充実させるべく、製造ラインを見直し、自動発注できる商品群を増やしていく。

店内で調理された「鉄板ナポリタン(498円)」。

BLANDEの今後の出店計画について、山本社長は「具体的には決定していない」としつつ、「これまでのフォーマットでは出店できなかったエリアにオープンするのも選択肢の一つ」と話した。

記事執筆者

湯浅 大輝 / ダイヤモンド・チェーンストア 記者

1996年生まれ。シンガポール出身。同志社大学グローバル・コミュニケーション学部卒業後、経済メディアで記者職に就く。フリーライターを経て、2021年12月ダイヤモンド・リテイルメディアに入社。大学在学中に1年間のアメリカ・アリゾナ州立大学への留学を経験。好きな総菜はローストビーフ、趣味は練馬区を散歩すること。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態