コロナ禍にあっても注目度の高いガーデニング市場、盛況だった2020年秋に開催された展示会を振り返る

「ダイヤモンド・チェーンストア」編集部 小坂義生
Pocket

2020年10月14〜16日、「国際ガーデンEXPO(第14回)」が、「ツールジャパン(第10回)」「国際農業資材EXPO(第10回) (農業Week2020)」と併設するかたちで、千葉の幕張メッセにて開催された。来場者数は3日間で2万3175人(重複なしで計算)と、コロナ禍にあってもガーデニングへの注目度は高く、会場は盛況だった。

「国際ガーデンEXPO」の会場内

カインズ高家社長のセミナーも開催

 今年の「国際ガーデンEXPO」は、新型コロナ禍の影響で、出展を見合わせるところもあった。一方、巣ごもり需要などを背景に業界が好調なことを受け、小売関係者は展示会をきっかけに、実際に商品を見て、メーカー担当者とじかに商談を行いたいと、多くが来場した。

 会場ではセミナーも開催され、小売業からはカインズ代表取締役社長の高家正行氏、オザキフラワーパーク代表取締役社長の尾崎明弘氏が登壇した。高家社長は、「新しい生活様式」におけるカインズのIT小売業としての取り組み、災害大国日本においてホームセンター(HC)が果たすべき生活インフラとしての機能と、エモーショナルな買物体験の提供などについて講演した。

 出展社は、新型コロナ禍で顕在化した巣ごもり需要を来春にもつなげようと、革新的な商品の展開を行った。会場で見つけた注目商品を紹介する。

園芸資材編

 アース製薬は、2021年のシーズンに向けて、ムカデ専用剤「ムカデよけ撃滅 置くタイプ」「ムカデ取り撃滅 捕獲器」「ムカデ撃滅」(スプレータイプ)の3アイテムを提案した。同社によると、ムカデ専用剤市場はこの数年、年平均成長率が5・8%増で拡大しており、20年1~7月は対前年同期比で23・6%増と大きく伸びているという。

アース製薬、ムカデ専用剤「ムカデ取り撃滅 捕獲器」「ムカデよけ撃滅 置くタイプ」「ムカデ撃滅」
アース製薬、ムカデ専用剤「ムカデ取り撃滅 捕獲器」「ムカデよけ撃滅 置くタイプ」「ムカデ撃滅」

 フマキラーは、カダン®お庭の虫キラーシリーズから、不快害虫が来そうなところに置くだけの「カダン®お庭の虫キラー誘引捕獲器」を提案した。殺虫剤を使用しておらず、畑や花壇、芝生などに安心して使える。カダン®お庭の虫キラーシリーズの20年度の販売実績は前年度比で2倍の売れ行きだという。

フマキラー、カダン®お庭の虫キラーシリーズ「誘引捕獲器」
フマキラー、カダン®お庭の虫キラーシリーズ「誘引捕獲器」

 グリーンプランは、「木酢入り 花と野菜の土」「酵素入り 花と野菜の土」を展示した。「花と野菜の土」は有用菌の働きで根張りをよくするのが特徴。「花と野菜の土」は酵素、ミネラル、納豆菌の3要素で植物を元気に育てる。同社は、今後はHCにも販路を広げたいとしている。

グリーンプラン、「木酢入り 花と野菜の土」「酵素入り 花と野菜の土」
グリーンプラン、「木酢入り 花と野菜の土」「酵素入り 花と野菜の土」

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media