ガーデニング肥料部門第1位は ハイポネックス ジャパンのヒット商品に!

ダイヤモンド・ホームセンター編集部
Pocket

DHC20230215main

肥料+農薬のW 効果マグァンプ®K の信頼性に殺虫効果がプラス

ハイポネックス ジャパン
虫を予防するマグァンプ®D

ハイポネックス ジャパン 虫を予防する マグァンプ®D

選評

肥料部門で2年連続の受賞
訴求しやすいことがヒット商品に

 新型コロナウイルス感染症拡大から3年目に入った2022年。ホームセンター市場では感染初期の巣ごもり需要などの反動減により、苦戦するカテゴリーがあるなかで、園芸部門は堅調に推移している。

 園芸カテゴリーでは毎年のようにヒット商品が生まれるなかで、今年の肥料部門で受賞したのが、ハイポネックスジャパンの「虫を予防するマグァンプD」だ。ちなみに昨年の同部門の受賞は「ブリリアントガーデンバラのまくだけ肥料」だったので、ハイポネックスジャパンの商品が2年連続での受賞となった。

 「虫を予防するマグァンプD」がヒット商品に選ばれたのは、同社の基幹商品である元肥の「マグァンプK」に殺虫成分を配合するという、ユーザーにとってわかりやすい商品だったことが大きな要因といえる。同社は「ハイポネックス原液殺虫剤入り」を16年に発売している。同商品も基幹商品の「ハイポネックス原液」に殺虫成分を配合したもので、16年に発売された新商品を対象にした『年間ヒット商品2017』の肥料部門で受賞している。

 園芸のエントリーユーザーは、殺虫剤などの農薬を使用すると、植物にリスクがあるのではないかという、心理的なハードルがあるという。その意味でも、圧倒的なブランド力のある「マグァンプK」のラインロビングで、「虫を予防するマグァンプD」が発売されたことは、市場全体の活性化につながったことは間違いないだろう。

 実際、アンケートからは、売場での多カ所展開が可能になった、訴求しやすい商品だったという回答が寄せられている。

アンケート結果

圧倒的なブランド力と新規機能性
デザイン面でも差別化で高評価

「虫を予防するマグァンプ®D」の評価 「ブランド力」と「新規機能性」の2つの項目で最高評価の「5」を獲得している。

 ハイポネックスジャパンというメーカーの信頼性、「マグァンプK」という圧倒的なブランド力は、園芸肥料カテゴリーでは揺るがない。また新規機能性の点では、「虫を予防するマグァンプD」は、まったく新しいものではないが、肥料+農薬のW効果であること、適用植物が花と野菜、観葉植物と幅広いことが評価につながっている。

 デザイン面での「斬新さ」が「4」と比較的高かったのは、パッケージに「マグァンプK」のロゴを入れながら、全体のデザインで同商品から差別化を図ったからだ。これにより、マグァンプシリーズ内で競合をしない売場展開が容易になった。同時に農薬売場での展開や、催事売場での展開など売場の接点を拡大したことも「売場提案(販促)」の項目で高い評価になっている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態