認知率は8割近くと高いが腸活実施経験者は3割強

ライター:山田陽美
Pocket

腸内環境を整えることで、健康や美容にもよい影響を与える「腸活」。TVや雑誌などでも取り上げられることが多いことから認知は進んでいるが、実際にどれくらいの人が腸活に取り組んでいるのか、日本インフォメーションの腸活に関する調査をもとに検証した。

新型コロナ以降に腸活を開始した人が多数

 日本インフォメーションが2023年8月29日~30日にインターネットで20~69歳男女に行った「腸活」に関する調査によると、腸活の認知率は全体で77.3%と高いものの、腸活実施経験者はそのうち31.7%という結果となった。現在も腸活を行っている人は、全体の21.3%で、性別に見ると男性は19.4%、女性は 23.2%。性年代別では男女ともに60代が他の年代を上回った。

『腸活』の実施状況
『腸活』の実施状況

 腸活実施者の期間を確認したところ、男女ともに新型コロナウイルスの感染拡大以降に腸活を開始した割合が多くなった。体の免疫力を高めることにより、ウイルスへの感染や重症化リスクの軽減も期待できるといった報道も見られたことから、腸活に取り組む人が増えたようだ。

 体や健康の悩みについて、「実施あり層」と「実施なし層」に聞いたところ、全体では「便秘・下痢」、「目の悩み」「首や肩こり」の順で、「実施あり層」が「実施なし層」を15ポイント前後上回った。腸活により、さまざまな体の不調を解消したいという意識が高いようだ。

 腸活により期待する効果を聞いたところ、全体では「便秘の改善」が39%と最も高く、「免疫力の向上」が37.1%、「ダイエット」が24.9%の順となった。便秘で悩んでいる人が多いことがこうした調査結果からも浮き彫りとなった。

1 2

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態