第57回 スーパーマーケット・トレードショー2023

Pocket

前回のSMTS2022開会式と会場の様子
前回のSMTS2022開会式と会場の様子

全国スーパーマーケット協会が主催する日本最大級の流通業向け展示会「第57回 スーパーマーケット・トレードショー2023」(略称SMTS2023)が2023年2月15日から17日の3日間、千葉・幕張メッセ全館で開催される。新しい生活様式に対応し安全を担保しながら、“食”に関する最新の情報・商材・サービスを紹介するSMTS2023ならではの見どころを紹介する。

食のトレンドゾーンに「冷凍×食」を新設
「SMTS2023」(1~11ホール)

SMTS2023開催概要 スーパーマーケット・トレードショー(以下、SMTS)は、スーパーマーケットを中心とする食品流通業界に最新情報を発信する商談展示会。小売業をはじめ、卸・商社、中食、外食業界から多くのバイヤー・関係者が来場する同展示会は今回で57回目を迎える。

 2020年春以降、全国スーパーマーケット協会およびSMTS実行委員会では感染症などのリスクを最小限に抑えつつ、食品流通業におけるリアルな商談の場を提供し続けてきた。SMTS2023も新しい生活様式に対応した商談展示会として、出展者、来場者および主催者が一丸となって対策を講じ、安心安全な商談環境を提供できるよう努めていく。

 出展者数は1912社・団体、3264小間(2022年11月1日現在)と前回から大幅に増加。全国各地の自治体や地方金融機関等の取りまとめによる出展を含め、1350社以上のメーカー・団体が出展するほか、海外からも16か国、41社・団体、104小間が参加し、個性豊かな商材・サービスを紹介する。

 前回同様、入場は事前登録制となっており、感染症対策として手指消毒やマスク着用、検温を来場者にも義務付けるほか、出展者向けとして感染症対策をわかりやすくまとめたパンフレット「出展者の手引き」を配布している。

 SMTSはメーカー各社のブースに加えて多彩な主催者企画が魅力だ。前回から新設された「食のトレンドゾーン」は内容をパワーアップ。美しく健康的なココロとカラダづくりに役立つ商品群を集めた「美と健康×食」、オーガニックやプラントベース、食品ロスなど持続可能性に配慮した商品群を集めた「サステナビリティ×食」に加え、コロナ禍以降急速に需要が高まっている冷凍食品にスポットを当てた「冷凍×食」ゾーンを新設した。

 冷凍をテーマにしたライブステージを設置し、冷凍王子こと西川剛史氏のほか日本冷凍食品協会など業界のキーパーソンによるセミナーを実施。また全国スーパーマーケット協会の会員が開発した冷凍PB商品の試食体験コーナーや、冷凍に関する新商品を効率的に探せるピックアップ展示コーナーも設置し、最新のトレンド情報と商品を来場者に向けて訴求する。

 1ホールの「てづくりNIPPON」は、日本の伝統・伝承を重んじ、地域や質にこだわったつくり手の“技”や“想い“を、地域の食生活や食文化、歴史を絡めて提案する継続企画。「お酒のあるく・ら・し」をコンセプトに日本酒や焼酎、クラフトビール、ワインなど、46社の商品や取り組み事例を紹介する。

全国スーパーマーケット協会・事業部展示会課主任 吉沢 敦氏
全国スーパーマーケット協会・事業部展示会課主任 吉沢 敦氏

 またSMTSに来場した国内バイヤーと出展者による事前マッチング型個別商談会「ビジネスマッチング@SMTS2023」や日本の食品に関心を持つ海外バイヤーと出展社によるオンライン商談会「ジェトロ視察型オンライン商談会」も開催予定だ。

総菜、弁当の最前線を紹介
「デリカテッセン・トレードショー2023」
(3ホール)

 今年10年目を迎えた中食産業に特化した商談展示会「デリカテッセン・トレードショー2023(略称:DTS2023)」は40社・団体、230小間(22年11月1日現在)の規模で開催される。DTSではデリカに関する情報提供の場を求めるニーズに応えるため、会期中だけでなく年間を通してデリカに関する勉強会「デリカスタディ」を開催し、売れるメニューの提案や課題共有を図っている。

 「お弁当・お惣菜大賞2023」は、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、専門店等で実際に販売している弁当・総菜・サラダ・パン等の商品群の中から、優れた商品を選出し表彰することで担当者のモチベーションアップと部門のレベルアップを図ることを目的としたプログラム。

 今回の「定番商品部門」は「巻き寿司」がテーマ。その他、「弁当」「惣菜」「サラダ」「麺」「丼」「おにぎり」「寿司」「パン」「スイーツ」「各国料理」の計11部門で、評価基準を設け専門家による審査を行い、最優秀賞、優秀賞、特別賞、入選などを選出する。受賞商品は受賞シールを貼って販売することが可能で、店舗の売上アップに貢献する。

 「お弁当・お惣菜大賞」は一般消費者の認知も進んでいることから注目度も高く、今回は1万4286件がエントリーした。

 同賞は開会初日の2月15日に国際会議場で表彰式(入場は関係者のみ、オンラインでライブ配信)を行う。会期中はブース内で受賞商品の実物およびパネル展示を行うほか、フードコートにて一部受賞商品の販売も実施。また主催者企画「食べくらべ体験STAND」では、スチームコンベクションオーブンでつくる3種のピザをテーマに、調理実演を交えて試食提供を行う。

 今回も弁当・総菜に関する情報を満載した情報誌「惣菜デリ最前線2023」を発刊予定。同誌は「お弁当・お惣菜大賞2023」の受賞商品・売場紹介に加え、専門家・コンサルタントによる業界動向レポートやトレンド、デリカに注力する小売業の販売現場や取り組み状況のレポートなどを掲載している。会場内で無料配布するため、必ず手に入れておきたい。

SMTS2023 図表●「お弁当・お惣菜大賞2023」の最優秀賞受賞商品一覧

1 2

記事執筆者

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局 / 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局は、DCSオンラインを通じて、食品メーカーやIT・通信などの事業者様が、小売業へPRや協業などを検討する際の最適なパートナーとなります。小売業との協業を増やしたい、小売業へのアプローチをしたいなどのご用命は、ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局へお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態