だし市場、21年度も堅調に推移 さまざまな形状の商品で需要に対応

ライター:山田陽美
Pocket

コロナ禍による家庭内調理機会の増加で、和食の基本調味料であるだしは伸長し、その裏年にあたる21年度も堅調に推移している。手軽で経済的な粉末・顆粒タイプだけでなく、だしパックや液体など、それぞれのニーズに対応した商品が登場し、市場を盛り上げている。

第4のだしとして、あごだしが市場に定着

 KSP-POSデータによると、風味調味料(粉末・顆粒だし、固形、だしパック)の期間通算(2021年6月~22年5月)の金額PIは2962円で対前年同期比2.4%減。月別金額PIを見ると、みそ汁や煮物などに使用されることが多いため、夏場はやや下がり、冬場に高まる傾向にある。

だしのイメージ
手軽で経済的な粉末・顆粒タイプだけでなく、だしパックや液体など、それぞれのニーズに対応した商品が登場し、市場を盛り上げている。(i-stock/kazoka30)

 コロナ禍の家庭内調理が増えたことでだしの需要は高まり、裏年にあたる21年度も堅調に推移している。だしの使用率8割近くを占めるのがみそ汁で、30~40代の子育て世代が栄養バランスのよい具だくさんみそ汁を取り入れはじめたことに加え、医師が考案した「長生きみそ汁」が話題となったことでシニア層の食卓登場頻度が高まり、だしの使用率もアップしたようだ。

 だし市場で約7割のシェアを占めるのが粉末・顆粒タイプ。経済的で手軽に使用できるのが特徴だ。粉末・顆粒タイプ市場をリードするのが味の素の「ほんだし」。同社ではさまざまな取り組みで使用率アップを図っているが、需要が落ちる夏場に向けて「冷やしみそ汁」を提案。失われがちな塩分・水分をおいしく補給することができるので夏に最適だ。

 また、理研ビタミンでは、食塩・化学調味料無添加の和風だし「素材力だし」シリーズに〈焼きあごだし〉をラインアップ。長崎県産焼きあごの粉末を使い、香ばしい香りと旨みにこだわった。発売から好調な売れ行きとなっている。あごだしは、鰹節、昆布、いりこに次ぐだしとして注目されており、一過性のブームではなく、市場にしっかり定着しつつある。

 だし市場で勢いがあるのが、鰹やこんぶ、あごなどを粉末にして不織布でパックにしただしパック。粉末・顆粒タイプよりも割高だが、お湯で煮だすだけで風味豊かなだしが取れるという手軽さから使用率が高まってきている。また、パックから粉末を取り出せば、炒飯や炒め物などにも使用できる。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media