NRF2022で語られた米国小売「DXのその次」とは?

解説:在米リテールストラテジスト:平山幸江
Pocket

1月16日から3日間ニューヨーク市内で開催された「NRF2022ビッグショー」は、オミクロン株感染ピークだったこともあり、参加者は2019年比で4割程度の1万5000人以下だった様子で、講演のキャンセルも目立った。だが初日の基調講演は大ホールが8割方埋まる盛況ぶりで、アフターコロナの方向性を見極めたいという意気込みが感じられた。本稿ではショーで語られたデジタル・トランスフォーメーション(DX)の次のフェーズを示唆する動きを紹介したい。

ウルトラファースト配送 ジョーカー3つの成功要因

NRF2022ビッグショー会場内
NRF2022ビッグショー会場内(撮影:筆者)

 コロナ禍によって米国ネットスーパー業界はラストマイル配送時間を最短1~2時間に短縮した。しかしヨーロッパで先行して急成長した15分以内で食品・日用品を配送するウルトラファースト配送※1スタートアップ企業が、21年春からニューヨークやボストンなど人口密度の高い都市に次々と進出している。その市場規模は米国だけでも21年末で200億~250億ドルと推計※2されている。

ジョーカー(JOKR)社グローバルサプライチェーンVPイェン・キリマン氏
ジョーカー(JOKR)社グローバルサプライチェーンVPイェン・キリマン氏(撮影:筆者)

 その1社のジョーカー(JOKR)社グローバルサプライチェーンVPイェン・キリマン氏は最終日に、同社の需要予測、在庫・価格・人事・店舗空間の適正化戦略を提供するリレックスソリューションズ(Relex Solutions)社最高収益責任者フランク・ロード氏と対談した。

 ジョーカーのビジネスには①インスタント(瞬時の)配送、②高品質な商品セレクション、③地元のスーパーと同じ価格、④22年末までにカーボンニュートラルとなる目標、という4つの柱がある。21年3月にメキシコシティ、コロンビア共和国ボゴダに進出後、ブラジル・サンパウロ、ニューヨーク、ボストン、チリ・リマなどでも事業を開始、わずか10カ月間に100以上の地域、6500万人にリーチしている。

 ジョーカーの成功要因は、以下の3点である。

パーソナライズした商品展開:地域別の好みだけでなく、1日の間でも午前中と午後、夜など時間や曜日によって品揃えを変化させる。また競合他社との差別化として生鮮食品を扱い、より顧客中心主義の品揃えとなっている。

インスタント配送:アルゴリズムを使い15分以内、最長でも30分以内で配送する。このためターゲット商圏内では数十のダークストア網を構築し、短時間・高頻度な配送によって高生産性のサプライチェーンを構築する。またオーダー処理も順番や配送ルートをAIで最適化する。

オペレーション:同社のダークストアは

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media