一般社団法人 日本惣菜協会、惣菜管理士の育成により中食業界のレベルアップに貢献する=企業ストラテジー

2020/09/22 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

MDエディション

国民の食生活で欠かすことのできない惣菜。日本惣菜協会では、「惣菜管理士」「デリカアドバイザー」「ホームミールマイスター」の3つの資格試験・認定を実施。特に惣菜管理士は惣菜を含む食品の開発・製造や加工・流通まで幅広い知識を習得できるとして、各方面から注目されている。

コロナ禍における中食業界の変化とは?

日本惣菜協会 専務理事 清水誠三氏
日本惣菜協会 専務理事 清水誠三氏

 1977年創立の日本惣菜協会は、惣菜メーカーや卸、食品スーパー等で構成される業界団体である。現在の会員数は610社。同協会では「惣菜白書」の発行をはじめ、惣菜に関する資格試験の実施やHACCP認証、研修・セミナー運営といった活動を展開している。

 「惣菜白書」は食品スーパー、GMS、コンビニ、デパート、惣菜専門店の5業態約67000店舗の惣菜部門の数字や5210人を対象とした消費者調査を網羅するデータ集であり、2004年から発行されている。「惣菜白書2020」によると、19年の惣菜市場規模は、前年比10兆3,200億円(前年比0.7%増)となり、09年から10年連続伸長となった。

 同協会の清水誠三専務理事によると、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、惣菜を取り巻く環境は大きく変化したという。

 第1は生活者の外出自粛に伴い、外食店舗がテイクアウトやデリバリーに力を入れていること。コロナ禍の終息は見えておらず、このモデルは一気に加速するとみられる。

 次に生鮮食品の即食化だ。近年、鮮魚部門の焼魚や寿司、精肉部門のサイコロステーキ、青果部門のサラダといったように、食品スーパー各社は生鮮部門での惣菜展開を強化している。「惣菜白書」では惣菜部門のみの数字を集計しているため、生鮮部門の惣菜の数字は含まれていない。

 第3に調理済み冷凍食品の進化が挙げられる。近年、冷凍食品は品質が大幅に向上しており、ミールキットのような商品も出てきている。価格も手ごろで保存しやすいことから、コロナ禍で大きく伸長したカテゴリーとなっている。その結果、中食という観点からの市場は拡大している。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media