ウォルマートとコムキャスト、スマートTVの販促巡り協議=報道

2020/11/04 13:00
ロイター

ウォルマートのロゴ
米小売大手ウォルマートと米ケーブルテレビ大手コムキャストがスマートテレビの販売促進など巡り協議している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が伝えた。カリフォルニア州ローズミードで6月撮影(2020年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[3日 ロイター] – 米小売大手ウォルマートと米ケーブルテレビ大手コムキャストがスマートテレビの販売促進など巡り協議している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が3日、関係者の話として報じた。

報道によると、ウォルマートはコムキャストのソフトウェアが搭載されたスマートテレビの販売を促進し、コムキャストと売上高をシェア。コムキャストはスマートテレビでの新たなストリーミングサービス「ピーコック」のプロモーションが可能となる。

ウォルマート幹部は既存または新規のサプライヤーとの協議は常に行っているとした上で、コムキャストとの協議に関する言及は控えた。

コムキャストもコメントを控えた。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media