ニュージャージー州に投入!ウォルマート最新フォーマットのねらいとは

文:平山 幸江 (在米リテールストラテジスト:)
Pocket

ウォルマート(Walmart)はコロナ禍の2020年10月、買物客がより簡単に探しているものを見つけられるよう「デジタル対応の買物体験」店舗を発表した。それから約3年経った23年8月、ニュージャージー州セコーカス店を改装、新たな店舗フォーマットへと進化させた。その店舗づくりとねらいについて見ていきたい。

新店舗フォーマット 開発の経緯

 ウォルマートが2020年10月に発表した「デジタル対応の買物体験」店舗の概略からおさらいしたい。ポストコロナの道筋がまだ見えない時期、以下の4点に対応することをねらいとした。

  1. 「密」を避け従業員・顧客の安全を確保するため、空港施設を研究して通路幅を拡大
  2. 店内滞留時間の短縮を目的に、遠目からでもどこに何があるかがわかるようにサイネージを設置
  3. 顧客と従業員が商品を簡単に見つけられるよう、什器に大きな番号を設置
  4. セルフレジを拡張しスペースを拡大

 テストを経て22年1月に発表した新店舗フォーマットでは、店舗とECの買物体験が統合された一方で、店舗とECの異なる強みを顧客が理解し活用できることにも焦点を当てている。

出入口付近のデジタルスクリーン。
出入口付近のデジタルスクリーン。後ろはウォルマート+会員専用のエクスプレスレジ

 23年8月18日、ニュージャージー州セコーカス店が新フォーマットへと改装オープンした。同店は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

平山 幸江 / 在米リテールストラテジスト:

慶應義塾大学、ニューヨーク州立ファッション工科大学卒業。西武百貨店勤務後1993年より渡米。伊藤忠プロミネントUSA(Jクルージャパン)、フェリシモニューヨーク、イオンUSAリサーチ&アナリシスディレクターを経て2010年より独立。日系企業の米国小売事業コンサルテーションおよび米国小売業最新トレンドと近未来の小売業をテーマに、ダイヤモンド・リテイルメディア、日経MJ他に執筆、講演会多数。

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態