盛り上がりはNRF以上!? 関係者必見の米小売イベント「ShopTalk」レポート

2022/05/06 05:56
解説:榎本瑞樹(日商エレクトロニクスUSA President & CEO)
Pocket

世界最大級の小売業界向けイベントである「ShopTalk(ショップトーク)2022」が2022年3月27日~30日にかけて、2年ぶりにラスベガスで開催された。「Retail ‘s Big Reunion(小売業界の大同窓会)」と銘打った本イベントは参加者1万人以上、650社のスポンサーが名を連ね、過去最大規模の開催となった。小売企業、アナリスト、投資家など世界中の小売関係者たちの熱気に溢れ、今まで以上の賑わいを見せた。イベントの概要と注目を集めた議論および、イベントを通して浮かび上がったキーワードについて、海外小売の動向に詳しい日商エレクトロニクスUSAの榎本瑞樹氏が解説する。
構成=崔順踊(リテールライター)

「ショップトーク」とは何か

 ShopTalk(ショップトーク)とは、世界の小売業界トップ企業・リーダーが集結し、最新のテクノロジーや先端事例などさまざまなテーマについて議論・展示・商談を行い、投資家やスタートアップなども含むステークホルダーたちが一挙に集う世界最大級の小売業界向けイベントだ。

 元々は「Money20/20(マネー・トゥエンティ・トゥエンティ)」というフィンテックに関する世界的なイベントの中で行われていた小売セッションが独立したもので、2015年よりラスベガスで開催されている。

 小売業界向けの世界的なイベントとして日本でも認知されているNRF(全米小売業協会)の「Retail’s Big Show」と比較すると、ショップトークではより踏み込んだ内容が議論されている印象だ。また、スタートアップとVCの参加者が多いところから具体的なテクノロジーについて語られているのも特徴の1つだ。

 世界的なパンデミックの影響によって、過去2年間、ショップトークは開催されていなかった。今回開催地となったネバダ州では2022年2月10日より公共スペースでのマスク着用義務が解除されていたこともあり、イベント参加者のほとんどはマスクを着用しておらず、パーティなども行われていた。275人が講演したセッションは、すべて対談形式で行われた。展示会場にも多くの人が足を運んでおり、賑わっていた。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media