GMSの優等生イズミ、コロナ禍で大幅減収も2期ぶりの営業増益!強さを経営指標から読む

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

インデックス2021大

 中国・四国を地盤に、「ゆめタウン」「ゆめモール」などの屋号で総合スーパー(GMS)を展開するイズミ(広島県)。傘下には、ユアーズ(広島県)、デイリーマート(徳島県)、ゆめマート北九州(福岡県)、ゆめマート熊本(熊本県)などM&A(合併・買収)で取り込んだ食品スーパー(SM)の事業会社を抱えており、GMSとSMによるリージョナルチェーンとして商勢圏では絶大な知名度を誇る。

 GMSの構造不況が長年囁かれる中、業績が好調に推移し、“GMSの優等生”とも言われていた同社だが、直近2期はコスト増などを理由に減益となっていた。そこに追い打ちをかけるようにコロナ禍が直撃。ほかの多くのGMS企業と同様に、営業自粛・時短営業を余儀なくされ、2021年2月期の既存店売上高は対前期比10.3%減、連結営業収益は同8.7%減の6797億円と落ち込んだ。

 その一方で、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media