ホームセンター売上ランキング2022 反動減わずかで堅調 M&Aが続く

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

小売業ランキング

 コロナ禍においてホームセンター(HC)企業は、日用品の特需のほか、DIY(日曜大工)や園芸などのニーズの高まりによって好業績に沸いた。その2年目となった今回のランキングでは反動減は見られるものの、好調企業は前年度から大きく落ち込むことなく高水準を維持している。

 売上高首位のカインズ(埼玉県)は、2022年2月期売上高は対前期比0.6%減の4826億円で、高い伸びを見せた前期(同10.1%増)に近い業績を達成している。近年はDIYのほか、建築資材卸などの専門店業態の店舗も広げている。

カインズ
売上高首位のカインズ(埼玉県)、近年はDIYのほか、建築資材卸などの専門店業態の店舗も広げている。

 2位のDCMホールディングス(東京都:以下、DCMHD)は、9位の持分法適用会社ケーヨー(千葉県)と単純合算したグループ全体売上高では約5500億円で業界最大だ。減収となってはいるものの7期連続で

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media