生協売上高ランキング2022 減収目立つも19年度比では大幅増

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

小売業ランキング

 コロナ禍で生協は宅配事業の好調により業績が大きく伸長。前回はランクインした生協の9割以上が増収・増益だったのに対し、今年度はその反動減もあって減収や減益となっている生協が目立つ。日本生活協同組合連合会(東京都:以下、日本生協連)によると、全国主要地域生協の2021年度の全体の供給高(小売業の売上高に相当)は対前年度比1.1%減の3兆922億円となった。しかしコロナ前の19年度との比較では宅配事業は同14.8%増、店舗事業も同3.4%増と高止まりしている。

コープみらい
競争激しいエリアで事業運営するコープみらいは近年、生協が課題とする若年層へのアプローチを強化し、注文サイトの利便性向上やSNSキャンペーンの実施などに積極的に取り組んでいる。

 上位生協を見ると、首位のコープみらい(埼玉県)の売上高は同2.2%減の4364億円。競争激しいエリアで事業運営する同生協は近年、生協が課題とする若年層へのアプローチを強化し、注文サイトの利便性向上やSNSキャンペーンの実施などに積極的に取り組んでいる。

 2位のコープさっぽろ(北海道)は、売上高が

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media