関東小売業ランキング2022 ロピア、オーケー、成城石井などが絶好調!

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

小売業ランキング

 関東地方を本拠とする食品スーパー(SM)は、「コロナ特需」の反動を受けて、とくに既存店売上高が前年割れとなった企業が少なくなく、売上高も前期実績を下回る企業が目立った。

 その一方で、オーケー(神奈川県)、ヤオコー(埼玉県)、ベルク(埼玉県)、ロピア(神奈川県)などは増収増益となり、安定的な強さを見せつける結果となった。

 このうちロピアは積極的な出店によって事業エリアを拡大し、2022年2月期の売上高が対前期比16.1%増の2400億円に達した。20年に進出した近畿エリアではすでに11店舗を展開(22年8月時点)するほか、22年5月には「モレラ岐阜店」(岐阜県本巣市)を開業し中部地方にも“上陸”している。

ロピア イメージ
ロピアは積極的な出店によって事業エリアを拡大し、2022年2月期の売上高が対前期比16.1%増の2400億円に達した。

 また、ともに埼玉県を本拠とするヤオコー、ベルクもそれぞれ同5%超の増収となっており、成長基調を維持している。

 このほか、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media