ヤオコー・ベルク・トライアルとの競争でも負けない!クスリのアオキ北関東激戦地での戦い方

調査・文:矢野清嗣
Pocket

アオキ大

石川県を本拠とするクスリのアオキだが、昨今は関東エリア、とくに北関東において生鮮を一部、あるいはフルラインで扱う店舗を徐々に増やしている。北関東は有力食品スーパー(SM)も数多出店する激戦地だが、そこでクスリのアオキはどのような力を示しているのか。そして対峙するSM各社はどのような戦いを展開しているのか。埼玉県北部の上里町周辺で調査した。(調査日:1月26~27日 文中の価格はすべて税別)

●競合状況
有力チェーンが集積超激戦地を生き抜くアオキ

 上里町は埼玉県最北部に位置し、町内を流れる神(かんな)流川を挟んで群馬県高崎市や藤岡市に接する。人口は約3万人、農業が盛んであるほか町内には工業団地もあり、製造業に従事する人も多い。宅地開発も進んでおり、高崎市などのベッドタウンとしての機能も有している。

 そんな上里町にクスリのアオキが「七本木(しちほんぎ)店」を開業したのは2014年末のこと。同町の中心駅であるJ R高崎線「神保原」駅から南東へおよそ1㎞ 離れた、田畑と住宅が混在するエリアに店を構える。

クスリのアオキ七本木店
クスリのアオキ七本木店
●所在地: 埼玉県児玉郡上里町七本木1904-1
●開店日: 2014年12月24日
●売場面積: 1549㎡
●営業時間: 9:00~22:00
●駐車台数: 60台

 近隣に出店している食品小売チェーンは、ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)、ベルク(同/原島一誠社長)、とりせん(群馬県/前原宏之社長)、トライアルホールディングス(福岡県/亀田晃一社長)など錚々(そうそう)たる顔ぶれだ。

 七本木店はこれら4店舗に囲まれるようにしてちょうど真ん中に位置する。開業からすでに7年以上が経過しているが、それだけの長い期間、この激戦地を生き抜いてきたという事実から、クスリのアオキの競争力の高さがうかがい知れるだろう。

競合4店は各社の個性が光る繁盛店

 競合店の

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media