【セブン&アイ】小田急と業務提携、スーパーとコンビニ事業

 セブン&アイ・ホールディングスは小田急電鉄および小田急商事と業務提携することで最終合意し、7月5日、契約を結んだ。セブン&アイは今年3月、業務提携で基本合意したと発表していた。

 提携に基づき、セブン&アイグループのスーパーマーケット(SM)事業の人材を小田急商事に派遣するほか、小田急商事が運営するSM「Odakyu OX」でセブン&アイグループのプライベートブランド商品「セブンプレミアム」を販売する。

 また、小田急の駅構内の売店(Odakyu SHOP)とコンビニエンスストア(Odakyu MART)を「セブン-イレブン」に転換する。

 そのほか、物流機能を相互活用してコスト削減を図る。