セブン&アイ新業態コンフォートマーケット2号店を最速レポート! 1号店との違いは!?

2020/03/27 18:04
小野貴之(ダイヤモンド・チェーンストア編集部)

2019年8月に登場したセブン&アイ・ホールディングス(東京都:以下、セブン&アイ)の新型スーパーマーケット「COMFORT MARKET(コンフォートマーケット)」。本日、その2号店が東京都大田区にオープンした。セブン&アイが水面下で実験を進めるコンフォートマーケット。2号店ではどのような店づくりをしているのか。1号店との違いは何か。
(3月28日10:45に一部内容と写真を追加しています)

コンフォートマーケット西馬込店の外観

1号店から2.2kmの至近に出店!

 20年3月27日、セブン&アイの100%子会社のフォーキャスト(東京都)が東京都大田区に「コンフォートマーケット西馬込店」(以下、西馬込店)をオープンした。19年8月出店の「コンフォートマーケット中延店」(東京都品川区:以下、中延店)に続く、同フォーマットの2号店となる。

 西馬込店は、都営浅草線「西馬込」駅南口出口を出てすぐの場所にある。交通量の多い幹線道路「第二京浜国道」沿いにあり、周辺は商業施設や住宅が立ち並ぶ。建物は4層構造で1~2階部分が店舗、3~4階部分は保育園(外部運営)が入る。

 商圏は店舗から半径500m~1km圏内を想定する。同社広報によれば、1号店の中延店と比べると商圏人口は若干少ないものの、競合状況などを踏まえ総合的に判断したうえで、出店を決めたという。

 ちなみに、西馬込店は中延店から2.2kmほどしか離れていない。このドミナント体制を生かし、西馬込店では、精肉やミールキットの一部商品において、中延店で製造したものを西馬込店に輸送して販売している。

 売場面積は2フロア合計で550㎡。1号店の中延店(566㎡)よりも若干小ぶりだ。一方、SKU数は約5200と中延店と比べるとやや多いという。「中延店では現在も実験を繰り返しており、現在のSKU数は5000程度となっている。西馬込店でも今後検証を続けていく方針で、今回はグロサリーを中心に品揃えを拡充している」(フォーキャスト広報)。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media