新業態「ヨークフーズ」と自社インフラの整備…セブン&アイが新会社ヨークのもとで描く「首都圏食品戦略」とは!?

2020/05/12 14:40
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

セブン&アイ・ホールディングス(東京都/井阪隆一社長:以下、セブン&アイ)は512日、オンライン記者会見で6月に設立予定の新会社ヨーク(東京都/大竹正人社長)のもとで行う「首都圏食品戦略」の具体的な取り組み内容を発表した。会見では、新業態「ヨークフーズ」の1号店が翌日の513日にオープンすることや、セブン&アイが首都圏で展開する食品スーパー(SM)事業の今後の方針などが明らかにされた。

首都圏SMをまとめる新会社ヨーク

 ヨークは、ヨークマート(東京都/大竹正人社長)から61日に商号変更予定の新会社だ。「ヨークマート」に加え、イトーヨーカ堂(東京都/三枝富博社長)の「イトーヨーカドー食品館」、ディスカウントストア(DS)業態の「ザ・プライス」、フォーキャスト(東京都/末次秀生社長)が運営する「コンフォートマーケット」といったグループの首都圏SMを擁することとなる。

 なお、フォーキャストはこの組織再編によりヨークに吸収合併され、フォーキャストが現在展開している店舗のうち、「中延店」は531日をもって閉店。「西馬込店」は同日一時休業となるが、今夏の営業再開を予定している。現時点で今後のコンフォートマーケットとしての新規出店は計画されていないという。

新業態「ヨークフーズ」がオープン

 ヨーク発足に先駆け、513日には新業態である「ヨークフーズ」の1号店である「ヨークフーズちはら台店」が新規オープンする(詳細はこちら)。17年度からヨークマートで取り組んできた「ハンドメイドサラダ」「お魚屋さんのお惣菜」「ナポリピザ」などの「新規MD」を集大成した店舗で、オペレーションの省人化やSDGs(持続可能な開発目標)に向けた取り組みなども実施する。

ヨークフーズちはら台店
ヨークフーズちはら台店

 今後、イトーヨーカドー食品館は改装に先駆けて65日をもってすべての既存店の屋号をヨークフーズに転換し、その後改装を順次実施する予定だ。なかでも20206月に改装予定の「イトーヨーカドー食品館新宿富久店」は、ヨークフーズの旗艦店として位置付けるという。ヨークマートの既存店についても順次ヨークフーズへ転換するが、屋号の変更は各店舗の改装時に行うとのことだ。ヨークマートとイトーヨーカドー食品館を合わせて、20年度下期は34店舗、21年度以降は年間6店舗の改装を予定している。

 

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media