コロナ時代のスーパーマーケット「イトーヨーカドー新田店」の新しい取り組みとは

2020/11/09 05:55
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代

イトーヨーカ堂(東京都/三枝富博社長)は10月30日、埼玉県草加市に「イトーヨーカドー新田店」をオープンした。2019年2月に閉店した旧店を建て替え、総合スーパー(GMS)からスーパーマーケット(SM)へ転換。イトーヨーカ堂にとって約1年ぶりの新規出店となった同店の売場づくりをレポートとする。

イトーヨーカドー新田店の外観
10月30日にオープンしたイトーヨーカドー新田店の店舗外観。

売場面積は旧店舗の約半分 駅近くの好立地でSMとして再スタート

 新田店は、東武スカイツリーライン「新田駅」から徒歩約5分の好立地にあり、幹線道路である県道328号線から一本入った、生活道路に面している。売場面積は、建て替え前の約半分にあたる2221㎡で、食品6710SKU、日用品2500SKUを取り扱う。
 GMSとして10km圏内を商圏としていた旧店とは異なり、1km圏内、約1万6000世帯/3万4000人を商圏に設定している。周辺地域の世帯別人員数では1~2人世帯が65%を占め、世代別人口構成比は40代が最も多く次いで60代となっている。また、近隣の競合店には、「ビッグ・エー新田店」「東武ストア新田店」などがある。

建て替えオープンで取り入れた新施策

 新田店では従来の店舗にはなかった施策を複数取り入れている。コロナ時代のSMとして、イトーヨーカドー初の取り組みとなる「サニテーションカウンター」を導入、出入口の風除室に手洗い場、非接触型体温計などを設置した。壁面のモニターでは、あらかじめ店舗で撮影したバックヤードでの消毒作業の様子などを映像で流し、安全安心をアピールする。
このほか、建て替えを機にインストアベーカリーや、「アウトレットコーナー」を新たに導入。このうちアウトレットコーナーは、廃盤品などを低価格で提供するもので、基本的に現品のみの売り切り方式で回転を良くし、来店のたびに楽しみや発見、ワクワク感のある売場演出につなげている。
 青果売場では高まる健康意識に対応するため、新たに有機野菜コーナーを設けた。また、地域密着の取り組みとして、草加市内の生産者8名から仕入れた地場野菜をコーナー化し、新鮮な商品を生産者の顔が見える形で販売する。
 鮮魚売場では、通常デリカコーナーで販売する魚総菜を鮮魚売場内に配置。「魚は魚売場でまとめて選びたいという顧客の心理に合わせた」と川崎久美子店長は話す。精肉売場では牛肉に注力。33尺の牛肉専門売場を設け、専門店で取り扱っているような希少部位や塊肉をメニュー提案も行いつつ販売する。ハレの日需要を取り込む狙いだが、一方で普段の料理を楽にする味付け肉や、炒めるだけ・焼くだけのミールキットも品ぞろえを充実させた。

ディスカウントコーナーの写真
レジ前の立ち寄りやすい場所に設置されたアウトレットコーナー。イトーヨーカドー初の取り組みとなる。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media