速報!セブン&アイの新業態 「コンフォートマーケット」2号店が 3月27日にオープン

2020/03/13 17:04
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵

セブン&アイ・ホールディングス(東京都/井阪隆一社長:以下、セブン&アイ)は2019年8月、東京都品川区に、将来の成長に向けた戦略的な新業態「コンフォートマーケット」をオープンし、業界の注目を集めた。あれから約7カ月。「コンフォートマーケット」のホームページ上の情報が更新され、3月27日にその2号店が東京都大田区にオープンすることが明らかになった。

距離にして約2.5km
1号店の至近に出店

 新業態2号店となる「コンフォートマーケット西馬込店」(以下、西馬込店)は、都営浅草線の「西馬込」駅から徒歩1分ほどの、国道1号線沿いにオープンする。
 驚くのは1号店「中延店」との距離の近さだ。「中延店」があるのは、同じく都営浅草線の「中延」駅から徒歩2分ほどの場所。国道1号線沿いという点も共通しており、駅にして2駅、距離にして約2.5kmしか離れていないのだ。想像するに、ドミナント構築を意識し出店していると考えられる。

「コンフォートマーケット」のホームページ。2号店「西馬込店」をオープンすると発表した
「コンフォートマーケット」のホームページ。2号店の「西馬込店」をオープンすることが明らかになった

セブン&アイの
最新施策が詰まった店

 「コンフォートマーケット」は19年8月にセブン&アイがオープンした新業態で、将来の新たな業態を創造するための実験店と位置づけられている。
 「まったく新しい発想でこれからの消費者ニーズに対応できる店を創造する」という考えのもと、新たに100%子会社のフォーキャスト(東京都/有坂順一社長)を立ち上げ店舗開発を行っており、1号店オープン時は大手食品スーパー企業のトップが視察に訪れるほど業界の耳目を集めた。

1号店「中延店」の外観
1号店「中延店」の外観

 店づくりのテーマとするのは「べんりでゆたか」。効率化や時短といった「便利さ」を追求しながら、買物や食卓における「豊かさ」も提供できる店づくりを試みている。
 1号店では、新しい取引先と手を組み、こだわりの総菜や冷凍食品、独自のセルフレジを開発したほか、専用アプリで注文すると商品を店頭のロッカーで受け取れる「FOODロッカーサービス」も導入するなど、さまざまな施策にチャレンジしている。

商品政策も一から組み立て、新規取引先と手を組んでこだわりの総菜や冷凍食品を開発している
商品政策も一から組み立て、新規取引先と手を組んでこだわりの総菜や冷凍食品を開発している
店頭に専用ロッカーを配置し、「FOODロッカーサービス」を実施している
店頭に専用ロッカーを配置し「FOODロッカーサービス」を実施している

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media