イオンモール、自律走行ロボットで商品配送、愛知のSCで実証実験

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

「イオンモール常滑」で実証実験がスタートした、自動走行ロボットを使った商品配送
SC内のスターバックスの商品を、ロボットが離れた場所まで運ぶ

 イオンモールは1月11日から、愛知県常滑市のショッピングセンター(SC)「イオンモール常滑」で、自律走行ロボットを使った商品配送の実証実験を始めた。非接触型の配送サービスによって、来店客の利便性を高める。実証実験は三菱電機と共同で行う。

 実験には米Cartken社の自律走行ロボットを用いる。「スターバックスコーヒー イオンモール常滑店」の商品をアプリから注文すると、SC内の離れた場所までロボットが商品を配送する。

 注文を受けた商品は、スターバックスの従業員がロボットに積み込む。Cartken社のロボットは、画像処理技術を活用して自律走行し、段差を乗り越えることもできる。遠隔監視機能により、ロボットの走行時間や場所を把握することができ、店舗従業員の負担を最小限に抑えられる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media