冷凍弁当宅配の「ナッシュ」がコロナ禍で販売数を8倍に伸ばした方法

2022/05/05 05:55

榎森 潤二
Pocket

低糖質、低塩分をコンセプトにする冷凍宅配弁当を販売するナッシュ(大阪府/田中智也社長)が好調だ。2018年にサービスを開始したまだ若い会社だが、コロナ禍の直近2年間で月間販売食数を18万食から150万食へ飛躍に伸ばしたという。さらに、人気YouTuberとの提携がSNSで話題になるなど、ユニークなインフルエンサーマーケティングでも注目を浴びている。同社マーケティング部部長の小川勇輝氏に、好業績を支える販売戦略について話を聞いた。

キーワードはヘルシー、低糖質

 ナッシュ(nosh)は、自社工場で製造した冷凍弁当を「月に2回10個ずつ」など、ユーザーが指定するサイクルで指定する個数・メニューを定期的に宅配するサービスである。手軽さとヘルシーさが特徴のサービスで、コロナ禍前の2020年1月の月間販売18万食から、21年1月には68万食、22年1月には150万食と、2年間で約8倍に飛躍した。

 1回の配達での個数は、6食プラン(4190円/以下すべて税込価格)、8食プラン(4990円)、10食プラン(5990円)から選ぶことができ、2回目のオーダーからは4食プラン、20食プランも選択できる。1食あたりの価格はそれぞれ698円、623円、599円で、和洋中の約60種類からメニューを選べる。毎週新メニューが3種類登場しランキングの低いメニューと入れ替えるなど、飽きさせないための工夫も施されている。

 特筆すべきは、すべてのメニューは糖質30g ・塩分2.5g以内の「低糖質・低塩分」である点だ。この基準を厳密に守り、かつリーズナブルな価格で提供するため、弁当はすべて兵庫県内の自社工場で製造している。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media