島忠と融合!ニトリホームズ宮原店売場づくり徹底解説 ニトリが次にねらうのは家電チェーンか?

ダイヤモンド・チェーンストア編集部編集長 阿部幸治
Pocket

ニトリホールディングス(北海道/白井俊之社長)は6月11日、埼玉県さいたま市にニトリと島忠(埼玉県)の初の融合店舗、「ニトリホームズ宮原店」をオープンした。似鳥昭雄会長が「日本初の本格的な住生活総合提案型の専門店」と胸を張る、「ニトリホームズ」1号店のできばえと商品政策(MD)、今後の成長戦略はいかなるものか?

6月11日にオープンしたニトリホームズ宮原店
6月11日にオープンしたニトリホームズ宮原店

3600坪の巨艦ニトリホームズ誕生

 屋号「ニトリホームズ」は、家具とホームファッションの専門店「ニトリ」と島忠の家具とホームセンターを取り扱う「ホームズ」の2つを合わせたもの。島忠出身でニトリホールディングス副社長で島忠会長の須藤文弘氏は「ニトリとホームズの“いいとこどり”の店」と評する。

 1号店となった宮原店は、元々島忠のホームズ宮原店をリニューアルしたものだ。1Fが1809坪、2Fが1780坪の大型店で、1Fにはオーケー、2Fにはファッションセンターしまむらがともに各フロアの約1/3の広さでテナントとして入居する。

 テナント以外のフロア構成は、1Fがホームセンターとホームファッション、2Fが家具とホームファッションとなっている。

 ホームセンターゾーンは従来島忠としては2000坪が最大パターンだったのでほぼそれに準ずる規模、家具とホームファッションも、ニトリとしては最大店舗と同じ品揃えを導入した。

 品揃えはトータルで6万3820アイテムでうちホームセンターが4万9000アイテム、ホームファッションが1万2820アイテム、家具2000アイテムとなっている。このうち家具はニトリの商品が50%の1000アイテムで、ホームファッションは9割超の1万2000アイテムがニトリ商品となっている。

 

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media