島忠と融合!ニトリホームズ宮原店売場づくり徹底解説 ニトリが次にねらうのは家電チェーンか?

ダイヤモンド・チェーンストア編集部編集長 阿部幸治
Pocket


似鳥会長「機会があれば、家電の提携・買収も」

家電コーナーではニトリPBの白物家電を軸に売場をつくる
家電コーナーではニトリPBの白物家電を軸に売場をつくる

 家電といえば気になるのが似鳥会長の発言だ。ニトリホームズには家電の専門店がテナントとして入っておらず、館全体としては家電の品揃えに弱みがあるとみているようだった。そこで似鳥会長に家電強化の方向性を尋ねたところ、「基本はテナントを誘致していくが、もし機会があれば異業種との提携や合併なども考えていきたい」と語ったのだ。

 異業種のヤマダホールディングスは家電から始まり、リフォーム、家具へとその守備範囲を広げていったように、ニトリは家具・ホームファッションから始まり、今回の島忠との融合でHC商材、リフォームへとそのラインロビングを広げ、その広げる先には本格的な家電売場があることを示したものだ。その双方のねらいは「住生活総合提案型の専門店」が消費者にとって抜群に利便性が高いからに他ならないだろう。

 すでにニトリは家電商品のPBを展開しているが、これはあくまでも単身者向け。単身者が家具を揃えるときに一緒に新生活に必要な家電を一通り揃えられるという利便性の高さに目をつけたものだ。

ニトリホールディングス似鳥昭雄会長(会見時は報道の撮影用に一時的にマスクを外しただけです)
ニトリホールディングス似鳥昭雄会長(会見時は報道の撮影用に一時的にマスクを外しただけです)

 しかし、似鳥会長は会見で2度までも「住生活総合提案型の専門店」という言葉を使って、ニトリホームズを先鞭にニトリが進んでいく姿を明示した。

 HCも家具も家電も今後大きな成長が見込める市場ではないが、それらをワンストップで取り揃えた店舗や企業体がそのなかで優位性を高めていくことは想像に難くない。今後のニトリの成長戦略から目を離すことはできなそうだ。

 なお、ニトリホームズはまず、1号店で改善を繰り返しながら、既存島忠・ホームズ店舗を順次改装、4~5年後くらいをめどに新規出店していきたい考えだ。

 

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media