ロピアの強さは商品にあり!? ロピア小平店売場レポート

矢野清嗣
Pocket

4月5日に「大阪ベイタワー店」(大阪府大阪市)を出店し、早くも関西4店舗体制となったロピア(神奈川県/高木勇輔代表)。今春には奈良県、茨城県に進出の計画もあり、2021年もロピアの怒涛の出店攻勢が見られそうだ。本稿では、ロピアが21年2月にオープンした「小平店」(東京都小平市:以下、小平店)の売場を解説していく。
調査日:2月24日、3月3、25日 ※本文中の価格はすべて本体価格

ロピア小平店が入る「アクロスプラザ小平」

注目の総菜売場、米飯を絞り込みか、

 レポート前編では、青果・精肉・鮮魚売場をレポートした。後編では、総菜・加工食品・日配などの売場を解説していこう。

 ロピアでは、店舗によって総菜の売場づくりや商品構成を変化させている。小平店では平台2台と壁面を使って売場を展開しており、1つ目の平台に揚げ物やいなり寿司など、2つ目にピザや焼鳥、ベーカリーなどを配置する。壁面の冷蔵ケースでは、12のスペースでスイーツやサラダなど、その隣の6尺のスペースでは外部から納品する中華総菜コーナーを展開する。

 特徴的だったのは米飯類の扱いを絞り込んでいる点だ。弁当はグループ会社の利恵産業が製造する「塩たれ牛タン弁当」(498円)のみで、米飯類では店内加工の「ロピアのキンカ巻」「クリームチーズキンパ」(各498円)の販売に力を入れているようだ。揚げ物では「塩とんかつ」(300円)、「ロースカツ」「ロピア特製チキンカツ」(各298円)、「自社製肉団子」(5個380円)など定番商品を充実させている。

日替わりピザを販売!ベーカリーも充実

 総菜売場の“顔”とも言える存在のピザは日替わりで商品を変えており、調査日は「シーフードピザ」(999円)、「サーモンといろどり野菜ピザ」(680円)など8品目を揃える。焼鶏コーナーはフード付き什器で「ほんじり」「鶏もも」など15種79円で提供する。什器に掲げられたボードには「一度も冷凍されていない」「店内で焼きあげ」と記されており、商品の特長をアピール。ベーカリーでは、「塩バターパン」(3個250円)、「ミニパンショコラ」(8個298円)などを販売する。

ベーカリー売場で販売する「ミニパンオショコラ」(298円)

 デザートでは、「黄桃とナタデココの苺ミルクゼリー」(500円)、「クリーミー杏仁豆腐」(200円)など利恵産業の商品をラインアップ。サラダも「お婆さんのポテトサラダ(大)」(398円)など利恵産業商品中心の品揃えとなっている。

 従来の総菜売場とは異なり、小平店では店内加工商品を絞り込むことで、コロナ禍にあわせた機能的な売場にチャレンジしているのが窺える。利益をより確保できる試みであるのかもしれない。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media