「平和堂石山」 11年ぶりにGMSを出店した理由とその進化の中身を徹底解説

取材・文=森本守人(サテライトスコープ)
Pocket

平和堂石山の外観

平和堂 石山

〒520-0831 滋賀県大津市松原町13-15
電話:077-531-2820
JR東海道本線「石山」駅より徒歩4分

見どころ
▶専門店と連携して日々開催する「毎日イベント」
▶鮮度と、味にこだわる生鮮食品
▶充実を図った健康志向商品

平和堂石山の國松正義店長
國松正義店長
「街を明るく、元気にする、地域の皆さんに当店があってよかったと思っていただけるような店をめざします

 平和堂(滋賀県/平松正嗣社長)は2020年11月12日、滋賀県大津市に総合スーパー(GMS)「平和堂石山」(以下、石山店)をオープンした。

 石山店は、JR東海道本線「石山」駅から南東約300mに立地する。1970年に開業した旧石山店は、長年営業を続けてきたが、建物の老朽化が進んだことから2018年8月に閉店し、スクラップ&ビルドによって新店として再スタートを切った。

 石山駅は快速列車の停車駅であり、京都市内へは約15分、大阪市内へは約45分と、都市部へのアクセスに優れる。そのため周辺はマンションの建設が進み、今も人口が増加中だ。

 基本商圏に設定する半径2㎞圏内には2万5228世帯/5万9216人が居住する。同500m圏の年代別人口構成比は、40代が18.7%と最も高く、次に30代が16.9%、70代以上が13.7%と続く。旧店ではシニア層の利用が中心だったため、石山店では品揃えを刷新し、商圏内で増加中の若いファミリー層の取り込みも図った。

 競合店は、「マツヤスーパー大津美崎店」「フレスコ国分店」などがある。しかし衣料品、住居関連品を扱う店は少ない。また地域からの要望が高かったこともあり、石山店は再びGMSとして出店した。ただ利便性の高い品揃えの提供に加え、地域コミュニティを創出する新たな機能を取り入れ、従来のGMSとは異なる店づくりに挑戦しているのが特徴だ。なお、平和堂がGMSを出すのは、09年開業の「アル・プラザあまがさき」(兵庫県尼崎市)以来、約11年振り。

 店づくりを見ていくと、建物構造は4層(売場は1~3階)で売場面積は9060㎡と同社のGMSとしてはコンパクトなサイズだ。1階は食品、2階は衣料品や化粧品、3階は生活雑貨やキッズなどの売場を展開。総取扱品目数は4万2387で、衣料品・住居関連品は絞り込んだ一方、食品は1万507品目と充実させた。

 集客の要とする食品売場は、生鮮食品を強化すると同時に即食商品を拡充。たとえば鮮魚部門では丸魚を豊富に扱う一方、刺身や寿司といった商品にも力を入れる。また青果部門では、店頭の素材を使ったジュースバーを設けるなど、平和堂の最新の商品政策(MD)を取り入れた。

 2、3階の衣料品、住居関連品売場では、ここ数年、平和堂が地道に取り組んできたGMS改革の手法を導入。コーディネート提案や、カテゴリーを超えた関連陳列を行う売場が随所で見られる。

 石山店でもう1つ特筆したいのが、地域コミュニティの創出の取り組みだ。イートインスペースなどを活用し、専門店とも協力しながら日々、料理教室や絵本の読み聞かせなどのさまざまな企画を行う「毎日イベント」を開催。またSNSを通じて店舗や地域情報も発信し、近隣住民との交流を図る。そのほか地域の人々が利用できる「コミュニティルーム」も備えるなど、地域活性化の拠点としての機能を付加した。

 これらの店づくりで石山店は、旧店と比較して2ケタ増となる年商目標約32億4000万円を達成したい考えだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media