ヤマダとアークランドの共同SCにオープンした平和堂ビバホーム一宮店の売場づくりとは

取材・文:サテライトスコープ:森本守人
Pocket

平和堂ビバホーム一宮店

平和堂ビバホーム一宮店

〒491-0025 愛知県一宮市羽衣2-5-8
電話:0586-52-2450
JR東海道本線「尾張一宮」駅よりクルマで約10分

見どころ
▶大幅に品揃えを増やした健康志向商品
▶初導入した移動式の「クッキングサポート」
▶フルーツジュースを対面販売する「ジュディ フル ラボ」コーナー

平和堂ビバホーム一宮店 早藤直樹店長
早藤直樹店長
「当店の品揃えや、売場づくりを既存店へ波及するような、東海エリアの基幹店となれるよう努力したい」

 平和堂(滋賀県/平松正嗣社長)は3月1日、愛知県一宮市に「平和堂ビバホーム一宮店」(以下、ビバホーム一宮店)をオープンした。

 同店は、JR東海道本線「尾張一宮」駅および名鉄名古屋本線「名鉄一宮」駅から東へ約2㎞に立地。ホームセンター企業のビバホーム(埼玉県/坂本晴彦社長CEO)の親会社であるアークランドサカモト(新潟県)と、ヤマダホールディングス(群馬県)が共同開発した商業施設1号店「スーパービバホーム一宮」にテナント出店している。

 一宮市内にはすでに平和堂の既存店として「牛野店」「木曽川店」「尾西店」があり、今回のビバホーム一宮店で4店目となる。平和堂は現在、東海エリアを関西の京阪神エリアとともに重点出店先の1つとしている。

 同市は食品スーパー(SM)のほかドラッグストア、ディスカウントストアといった異業態も多く存在し、競争の激しいエリアだ。かつて野菜を1円で販売して話題となった、いわゆる“1円戦争”の舞台となったことでも知られる。

 そんな商圏環境のなかビバホーム一宮店は、価格競争力を強めると同時に、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media