平和堂

 平和堂は近畿・北陸・東海の2府7県に、総合スーパー「アル・プラザ」、食品スーパー「フレンドマート」を中心に156店舗を展開(22年2月期末)。同社が出店するエリアには立地が限られており、新たな店舗モデルとして都市型300坪の標準化を進めている。

 中長期ビジョンとして「地域密着のライフスタイル総合(創造)企業」をめざしており、「健康・子育て・高齢者」を重点テーマに位置付けている。PBの「E-WA」(イーワ)商品の拡大、地元商品拡大、地場商材活用により、そのための魅力ある店づくりを進めている。

 同社では19年2月期より、利益確保に向けて生産性向上の取り組みを活発化。新レジ(セミセルフレジ)の導入、AI発注の生鮮部門への拡大、22年2月に自社決済アプリ「HOPウォレット」をスタートさせた。また23年2月期第4四半期にはネットスーパーをスタートさせる予定だ。

「平和堂石山」の完成イメージ

代表取締役社長執行役員 : 平松 正嗣

売上高売上高
総利益率
売上高
営業利益率
売上高
販管費率
売上高
経常利益率
売上高
当期純利益率
439,740百万円27.8%3.4%30.6%3.8%2.4%

決算期:2022年2月 / 連結

© 2023 by Diamond Retail Media